1. TOP
  2. 未分類
  3. 大ひんしゅくを買ったベン・アフレックのタトゥーに親友マット・デイモンが反応

大ひんしゅくを買ったベン・アフレックのタトゥーに親友マット・デイモンが反応

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 33 Views

Filed under:

マット・デイモンとベン・アフレックは、37年にわたって互いに良き同志であり続けている。世間ではベンの背中のタトゥーが大ひんしゅくを買っているが、マットはこれに対して粋な反応を示した。


世界の至る所で水にまつわる危機が起きているなか、途上国の人々が安全な水を得られるようにするため、マット・デイモンはゲイリー・ホワイトと共に慈善事業Water.orgとWaterEquityを立ち上げた。その告知としてTVショー『The Daily Show With Trevor Noah』に出演したマットは、司会のトレヴァー・ノアから話題を呼んでいるベンのタトゥーについて質問を受けた。

番組でのやり取りは以下のとおり。

トレヴァー・ノア:「ベン・アフレックとの交流はいつ終わったんですか? お二人の友人関係はいつ終わりましたか? もう友達ではない?」

マット・デイモン:「残念ながら、彼の気持ちを変えることはできないようです。彼のことは私が10歳の頃から知ってるから、もう37年になりますね」

トレヴァー:「あなたたちはまだ友人同士ということですか?」

マット:「残念ながら…そうです」

トレヴァー:「友人だったらなぜ、彼が背中にカラフルなドラゴンのタトゥーを入れることを止めなかったんですか。あのタトゥー、見ました?」

マット:「もちろん。でも、男同士で相手の背中に何をするかまで指図はできませんよ。彼の芸術的表現はすべて支持します」

[マットも観客も爆笑]

トレヴァー:「確かに。親友として完璧なコメントですね」

親友として良く出来た回答だが、これはあくまで公の場での発言だ。プライベートではベンに冷やかしの1つでも言っていることだろう。おそらくベンが演じたバットマンも散々揶揄していたはずだ。

ベンは当初、背中に彫られたフェニックスのタトゥーについて、映画『Live by Night』(原題)の撮影のためだと説明していた。その時はフェイクだと言っていたが、後に本物のタトゥーであることが発覚している。何にせよ、彼が望んで自分の身体に彫ったものなので、タトゥーをどうするかは彼次第である。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • プラスチックを噛むホッキョクグマが撮影される。海洋汚染が北極圏にも?

  • 本田圭佑が朝鮮学校をサプライズ訪問 「夢を諦めないこと」を訴える

  • アジカン後藤正文、ライブ会場で子ども用の防音ヘッドフォン貸し出しを宣言 耳を「守って」

  • 世界一多くのギネス記録を持つ男が挑んだ新たな記録とは…(動画)

関連記事

  • 「相撲」が「Sumo」になれない理由

  • ももクロ百田夏菜子、有安杏果に感謝つづる「たくさんありがとう」

  • 病気から復帰して大切にしたい2つの会社観

  • 「もうおねがいゆるして」防げなかった虐待死…東京都と児童相談所は何を変えるべきか

  • 韓国で空前の人気、アジアへとシフトする沖縄経済

  • 上西小百合元議員、“過激なSNS投稿”の意図を説明