1. TOP
  2. 未分類
  3. 飛行機で子どもと横になれる、親子向け特別席を導入へ ニュージーランド航空

飛行機で子どもと横になれる、親子向け特別席を導入へ ニュージーランド航空

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 35 Views

子連れで飛行機は大変だ。

赤ちゃんをずっと抱いていると、体が痛くなる。狭い機内に長時間座るのは、子どもたちにとっても大変だろう。

そんな悩みを解決する新しいサービスを、ニュージーランド航空が導入する。エコノミーの3席をつなげて、親子がゆっくり休めて遊べる席にする。

ベルトとハーネスがついているので、子どもたちは離陸と着陸時も含め、飛行中にずっと横になっていられる。赤ちゃんが安全な状態でゆっくり休める「赤ちゃんポッド」も作った。

もともとあった、カップル向けの「スカイコーチ」という席を改良。大人ふたりが一緒に横たわれるベルトは今後、子ども2人でも使えるようになる。

赤ちゃんポッドに子どもを入れて、横になる

ニュージーランド航空ジェネラル・マネージャーの、アニータ・ホーソン氏は、新サービスについてこう語った。

「スカイコーチは、元々カップル用として売り出していました。しかしこの席は、幼い子どもがいる家族にも向いているのではと考えたのです。子どもたちが、自分のためのスペースを確保し、他の乗客に邪魔されずに遊べると、親もリラックスできます」

スカイコーチは2011年に導入された。今回親子用のシートにするため、ニュージーランド航空はこれまでスカイコーチを利用してきた乗客に話を聞いて改良点を探った。

認可を得たあと、数カ月以内に導入される予定だ。

子ども二人でも横になれるように

機内がゆっくり休めて遊べる場所に

ハフポストUK版の記事を翻訳しました。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • イーロン・マスク氏の偽物に注意。「お詫びに40億円分の仮想通貨をプレゼント」のサイトに誘導

  • 岐阜県多治見・美濃で40℃到達 5年ぶりに記録

  • 可愛すぎる「容疑者」を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

  • 可愛すぎる容疑者を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

関連記事

  • 2児の母である女性誌編集長が、仕事と家庭を両立させるために行う1分の日課とは

  • 小池百合子氏「東急ハンズに足りないのが希望」 ⇒ 東急ハンズ「お客様の希望を叶えたい」と反論

  • 声優・緒方恵美、エヴァ新作の質問するファンに困惑 「絶対に言えませんし言いません」

  • Googleアシスタントが古いAndroid端末にも対応

  • 酒飲みをときめかせる「焼酎」ゼリーが登場 「図書館で飲める」「ストレス発散に良さそう」

  • 銃でスポーツする人たち