1. TOP
  2. 未分類
  3. カリフォルニア・パリ・香港のディズニーランドに、マーベル作品の新アトラクションが登場へ

カリフォルニア・パリ・香港のディズニーランドに、マーベル作品の新アトラクションが登場へ

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 43 Views

Filed under: , , ,

世界的に興行収入で成功をおさめたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)が、今度はテーマ―パーク界に目を向けた。アベンジャーズとその他のマーベルのキャラクターたちをテーマにした新アトラクションが、海外の3つのディズニーランドに登場する。


これは、米ディズニーランド・リゾートの公式ブログで発表されたもの。新アトラクションは、どれも「ゲストを最高のヒーローと冒険に満ちた新しいユニバースへ誘う」という。MCUをテーマにした乗り物やショーが作られる予定だ。新アトラクションがオープンするのは、米カリフォルニア州のディズニーランド・リゾート、ディズニーランド・パリ、香港ディズニーランドの3拠点だ。

カリフォルニアのディズニーランド・リゾートでは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を中心に、リブート版『スパイダーマン』やアベンジャーズを加えた豪華キャラクターの登場するアトラクションが予定されている。前述の公式ブログによると、このアトラクションは、「スーパヒーローの世界をどっぷり体感」できるもので、既に稼働中の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』がテーマのアトラクション「ミッション:ブレイクアウト!」を拡張して建設され、2020年にオープンする予定だ。

一方、ディズニーランド・パリは2020年に、「アイアンマンやみんなの大好きなアベンジャーズのヒーローたちと一緒に乗れる激しいコースター」をオープンさせる予定だ。また、今年は夏の間中、マーベルのヒーローたちが集まるイベントを開催する。香港ディズニーランドでは『Ant-Man and the Wasp』(原題)をテーマにしたアトラクションがオープンする予定だ。

もちろん、どのアトラクションもMCUなしには実現できない。MCU最新作の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より日本で公開予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 神対応ボランティアセンター「西予モデル」仕掛け人に会えた!

  • 「民泊」は日本の「おもてなし」の概念に革命を起こした

  • 二次元材料のための高分解能電子顕微鏡

  • 議員の本懐を問う

関連記事

  • 世界的建築家・伊東豊雄トークセッション   「同じ広さ・間取りの部屋なのに、50階と1階で、いったいなぜ50階の方が価格が高いのでしょうか?」

  • 「日ペンの美子ちゃん」の広告が「キレッキレ」と話題 日大アメフト部会見・司会者のパロディ

  • 官僚から伊藤園へ―笹谷さんに聞いた「持続可能性・新時代」に企業がすべきこと

  • サイバー空間「ルール作り」で覇権を争う「欧米」「中露」の攻防戦–山田敏弘

  • 登坂淳一アナがNHKからフジテレビへ 。麿(まろ)の愛称で人気。「2018年。私は“1”から“8”に転身します」

  • 『菊とギロチン』瀬々敬久監督インタビュー。「大正末期と今は似ている」