1. TOP
  2. 未分類
  3. サッカーの応援を通じて垣間見たベトナム人の一面

サッカーの応援を通じて垣間見たベトナム人の一面

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 23 Views

​​​​​​​2018年1月に中国で開催されたサッカーAFC U23選手権(アジアカップ23歳未満の部)では、ベトナム代表チームが準決勝に勝ち進み、都市、地方問わず国をあげての大盛り上がりを見せました。

決勝戦当日の土曜日、活動地である北部山岳地帯のライチャウ省から首都ハノイに戻る道中、スタッフやドライバーとともに、対ウズベキスタンの試合のパブリック・ビューイングに参加しました。

ベトナムチームは、接戦の末敗北し、惜しくも初優勝は逃してしまいましたが、チームの奮闘を称えるベトナムの人々の熱気は収まることはなく、試合翌日ハノイで行なわれたパレードでは、赤いTシャツを着た群衆が、大歓声で選手団の偉業を称えていました。国中が赤一色に染まり盛り上がりを見せたこの出来事は、ベトナム赴任から1年4カ月間経て垣間見たベトナム人の新たな一面でした。

少数民族はベトナム社会で活躍できるのか

大活躍したU23代表チームの中に、少数民族の貧困家庭出身のゴールキーパーとミッドフィルダーを務める兄弟がいます。彼らが育った省の中心部には、サッカー選手の若手育成のためのトレーニングセンターがあり、この兄弟も10代前半で親元を離れ入所しました。その後、同じ省内にあるプロのクラブチームのユース選手となりました。決勝戦からひと月以上経った今も、連日メディアに取り上げられているこの兄弟は、同じような境遇の貧しい少数民族を含め、多くの子どもや若者の憧れの的となっています。

しかし、一口に「少数民族の貧困家庭」といっても、その環境は千差万別です。プランが活動しているのは、少数民族が暮らす地域の中でも、とくに経済成長から取り残された貧しい地域。トレーニングセンターやクラブチームはありません。才能を伸ばす機会や関連する情報へのアクセスも限られています。

今年で2年目を迎える少数民族地域の幼稚園91園と小学校76校を対象としたプロジェクトでは、こうした地域で育つ子どもたちが、のびのびと学び将来の可能性を伸ばしていくことができるよう教育の質を高めるための支援を行なっています。

活動地では、パートナーの主体性が成功の鍵

プランは学校の先生や行政の人々を、「支援される人」として扱わず、一緒にプロジェクトを動かしていく「パートナー」として活動しています。たとえば、プロジェクトの年度始めにはワークショップを開き、教育現場の都合に合わせた日程で1年間の活動計画を立てます。活動の実施には、先生や行政の人々の協力が不可欠であるため、地域の事情に配慮した計画にプランの職員が合わせることが持続可能性の確保につながっています。

粘り強く地道な取り組みの必要性

ベトナムの少数民族は長きにわたり社会から疎外され、主要な民族に比べ成長・活躍の機会も限られるなど、人権に関わる深刻な問題に直面してきました。教育の質の改善といった社会の根深い問題に取り組んでいくことは根気のいる支援です。将来的には大きな成果をもたらす活動であるにも関わらず、解決が先送りされがちでもあります。遠くない将来子どもたちが、貧困や言葉の壁などの困難を乗り越え、主要民族の若者と同等に活躍できる環境となるよう、時間をかけた地道な支援を続けることが重要です。

いつの日かプランの活動地域からも、大舞台で活躍し国を盛り上げる若者が出てくることを願って今日も活動を続けます。

​​​​​

奥村真知子 (おくむらまちこ) プラン・インターナショナル プログラム部

1984年生まれ。仙台出身。2009年ロンドン大学東洋アフリカ学院にて人権法修士取得。卒業後、ロンドンで国際人権NGOインターンおよび教育系独立行政法人勤務。東日本大震災後は、日本のNGOスタッフとして宮城県気仙沼市および南三陸町で復興活動に取り組む。その後、フィリピンにて巨大台風被災者支援、ミャンマー南東部にて少数民族帰還民支援に従事。2016年からプラン・インターナショナルに勤務し、ベトナムハノイ駐在。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 危険タックル事件、被害届と平行し、日大選手の嘆願書も提出へ 負傷選手の父親が会見

  • エミリア・クラーク、溺愛してくる母親のイタズラに困惑

  • 関学大の会見一問一答、島内秀晃監督「『1プレー目で潰してこい』は異常」(日大の危険タックル問題)

  • 日大の危険タックル問題、関学大が会見「来年以降、定期戦は中止」

関連記事

  • 「たった紙一枚で人の意識はこんなに変わる」渋谷区パートナーシップ証明書から2年

  • サイボウズ式:複業を禁止されていたら、会社を辞めていたと思う──サイボウズの若手社員たちが複業する理由

  • 3月は「自殺対策強化月間」-若者や働く人の“いのち”を守るために!

  • 私が「死にたい」と言ってた頃〜座間の9人殺害事件を受けて〜

  • 恋愛エッセイを書いていた私の結婚生活と、その後に起こった出来事

  • Googleがクラウドソーシング型ローカルニュースアプリBulletinを実験中