1. TOP
  2. 未分類
  3. Appleの無人運転試験車、この2カ月で倍増

Appleの無人運転試験車、この2カ月で倍増

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 50 Views

Appleの自動運転車への取組みが進んでいる。1月以来試験走行車の数が2倍近くになった。

現在同社はカリフォルニア州運輸局に45台の自動運転車を登録しているとFinancial Timesは伝えている。この結果Appleの自動運転車両の数はカリフォルニア州でGeneral Motorsに次ぐ第2位となった。

2017年4月、Appleは3台の自動運転車をテストする許可を初めて受けた。今年1月に試験車は27台となり、その後わずか2カ月で倍近くに増やした。Appleはアリゾナ州でもテストを行う計画だ

その一方で、規制のハードルは上がろうとしている。日曜日(米国時間3/18)の夜、アリゾナ州テンピでテスト中の自動運転車が事故を起こし、衝突した歩行者が死亡した。

これは自動運転車の事故で死亡者がでた初めてのケースであり、Uberは全都市で試験運転を中止した。

この事故を受け、試験走行の実施に対して当局がこれまで以上に慎重な態度にでる可能性がある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Jordan Crook

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビジネス向けの「Airbnb for Work」、全宿泊の15%を占める

  • Apple、FaceIDとiPadの新CMを公開

  • 南インドの手料理をインスタント化したButtermilkがY Combinatorの支援下で好調

  • Uber、アプリで酔っ払い乗客を識別する特許を申請

関連記事

  • 71歳からのPixiv。母の「世界」が急速に広がった。

  • 家電、ガジェット好き集合。フィリップスの知られざるイノベーションの歴史を体感しよう。

  • 「脳に魔物が住みついた」 名もなき病を乗り越えた先に、女性記者が見つけた“生きる意味”

  • Microsoft、AIでボットとの会話をさらに自然に――Semantic Machinesを買収

  • 宮崎駿監督の『毛虫のボロ』は、タモリの“密室芸”とアニメが融合した新世界すぎてワクワクした

  • 裁判員制度「市民からの提言2018」〈提言⑫〉裁判員裁判の通訳に関して、資格制度を設けて一定の質を確保するとともに、複数の通訳が担当することで通訳の正確性を担保すること