1. TOP
  2. 未分類
  3. 「世界一の教師」に選ばれたのは、35の言語を使うロンドン貧困地域の学校の美術教師だった

「世界一の教師」に選ばれたのは、35の言語を使うロンドン貧困地域の学校の美術教師だった

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 63 Views

アンドリア・ザフィラクさん=Global Teacher Prizeのサイトから

世界の優秀な教員をたたえる2018年の「グローバル・ティーチャー賞」の授賞式が3月18日、アラブ首長国連邦のドバイで開かれ、イギリスの美術教師、アンドリア・ザフィラクさんに贈られた。世界173カ国の教師約3万人から選ばれ、優勝賞金は100万ドル(約1億円)。

ザフィラクさんは、イギリス・ロンドン北西部にあるアルパートン・コミュニティスクールで美術とテキスタイルを受け持っている。ザフィラクさんの功績を紹介する同賞のサイト動画、学校のサイトなどによると、この学校は日本の中学、高校にあたり、生徒数は約1400人。

アンドリア・ザフィラクさん=Global Teacher Prizeのサイトから

生徒の多くが移民家庭出身で、校内では35言語が使われている。1軒の家を5家族でシェアするような、最貧レベルの家庭出身の生徒もいる。 ギャングによる暴力にさらされることもある。英語が母語でないために学力が低迷し、孤立した気持ちを抱えて入学してくる子どもも少なくない。

そんななか、ザフィラクさんは、学校生活の中で孤立しがちな生徒が最高の能力を発揮できるようなアプローチをすすめた。一つのカリキュラムを生徒全員に当てはめるやり方は、生徒から共感を得られないと気づき、生徒の生活に関連づけた内容になるよう、同僚の教員の力をあわせ、全ての科目のカリキュラムを改訂した。

自身が受け持つ美術の授業では、同校に一定期間招いたアーティストとカリキュラムを再構築、生徒たちの発想を促進させ、複雑な家庭環境にきちんと向き合うのを手助けするようにした。その結果、同校はビジュアルアート専門校として表彰された。

アンドレア・ザフィラクさんと生徒たち

また、音楽教師がソマリアの合唱団を立ち上げるのを手伝ったり、保守的な地域を刺激しないようなやり方で、女子生徒が運動できる時間割をつくり、同校の女子クリケットチームの優勝に導いた。

学校生活の外でも、家庭とのつながりを重視。グジャラート語、ヒンディー語、タミール語、ポルトガル語など、学校で生徒が話す35言語のあいさつや基本会話を学び、英語を話さない生徒やその家族との信頼関係も築いた。また、教師のほか、メンタルヘルスの専門家や地元警察も加わってもらい、あらゆる角度から生徒について話し合い生徒たちが前に進むためのサポートに様々な人がかかわれるようにしたという。

こうした努力が実を結び、同校はいま、資格の取得と認定に関しては、国内で上位5%の優秀校に入っている。「生徒の出発点がどれほど低いか、5〜7年間にどのくらい急速に進むかを考えれば、非常に大きな成果」と、学校は評価している。

ザフィラクさんは、こう語っている。「アートやテキスタイルは言語の壁から生徒たちを解き放つ、強力な科目なんです。英語が話せるかどうかなんて関係ない。生徒が美術でスキルと自信を得て、さらに向上していくことを手助けできるんです」

優勝してトロフィーをもらうアンドリア・ザフィラクさん=Global Teacher Prizeのサイトから

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • トランスジェンダーを公表した女性が、アメリカで初めて2大政党の指名を獲得

  • 西日本応援企画動画「カモンベイビー オカヤマ!!」

  • 「カーモン ベイビー オカヤマ!!」西日本豪雨で行き来が減った地域に「みんな来て」動画が爆誕

  • あの戦争の死者の気持ちを「代弁」できるのか? 思想家が綴った「声なき死者」への思い《終戦の日》

関連記事

  • GW最終日 みずがめ座η流星群ピーク

  • 電子薬歴システムのカケハシが9億円調達、売上はすでに月4000万円

  • Glassdoorが調査した、2018年に働きたい米国のハイテク企業ベスト10

  • トム・ハンクスに向かっておなら!? ジョシュ・ハッチャーソンが子役時代の赤っ恥エピソードを告白

  • イラストやマンガ制作のフーモアがJ:COMと資本業務提携、共同でコンテンツの原作開発へ

  • 無茶しやがって…。「史上最大の素数」まさかの書籍化