1. TOP
  2. 未分類
  3. 成田緑夢が金メダル 兄・童夢の想い「パラリンピアンはもっと評価されるべき」

成田緑夢が金メダル 兄・童夢の想い「パラリンピアンはもっと評価されるべき」

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 23 Views

成田緑夢さん(左)、緑夢さんに声援を送る童夢さん(右)

平昌冬季パラリンピック第8日の3月16日、スノーボードの男子バンクドスラローム(下肢障害)で、成田緑夢さん(ぐりむ)が金メダルに輝いた。スノーボードクロスでの銅メダルに続き、今大会で自身2個目のメダルを獲得した。

緑夢さんは、スノーボード一家として知られる「成田家」の末っ子だ。兄は成田童夢さん、姉は今井メロさん。ともに2006年トリノ五輪に出場し、注目を集めた。

2013年4月、緑夢さんは練習中の事故により左足の靭帯を断絶した。半年の入院を経て、リハビリを乗り越えてアスリートとして復帰。苦難と闘いながら、世界最高峰の大舞台を目指し続けた。

「パラリンピックはオリンピックよりも遥かに困難な険しい道」

兄の童夢さんは、緑夢さんが銅メダルを手にした3月12日、自身のブログで歓喜の言葉とともに、パラリンピックは「オリンピックよりも遥かに困難な険しい道だと、私は痛感します」と思いをつづっていた。

「パラリンピアンはオリンピアンの比じゃない程の、過酷なストーリーがあります」。童夢さんはこう続ける。

「生まれた時から障害を持つ方、不慮な事故で障害を持たれた方…。
誰一人障害者になりたくてなっている訳ではありません。
そして、ハンデを背負った状態で世界の舞台で戦うその姿。

どれ程の挫折があったのでしょうか?
どれ程の苦難があったのでしょうか?
どれ程の障害があったのでしょうか?

もっと評価されるべきだと私は思います」

そして、緑夢さんの「僕は人に夢、感動、希望、勇気を与えられるアスリートになりたい」という言葉を紹介し、「正に『アスリートの鑑』であり、アスリートの本来あるべき姿を身を挺して教えてくれました」と弟の功績を讃えた。

このブログから4日後、弟は2つ目のメダルを勝ち取った。今度は、堂々の「金メダル」だ。

現地で応援を続ける童夢さんはTwitterで、「最高に誇れる弟を持てて幸せでいっぱいです」と喜びいっぱいにツイートした。

https://platform.twitter.com/widgets.js

障がい者スノーボード大会後、笑顔で撮影に応じる成田緑夢さんと童夢さん=2018年2月18日、長野県小谷村

金メダルに輝いた緑夢さんの滑りはこちら。

https://platform.twitter.com/widgets.js

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 『アルコール依存症』は否定。山口達也メンバー「肝臓を休ませるための入院だった」

  • 写真で22世紀と出会う時間。未来のかたちを、描いてみよう【イベント】

  • 30年の時を超えて「同性愛」を描く2つの映画『モーリス』『君の名前で僕を呼んで』が公開

  • 「アクセス遮断が進めば、中国と同じ状況になる」NTTコム提訴の中澤佑一弁護士が警鐘

関連記事

  • 児童養護施設を退所する子どもに届けたい、就労・就学にあたって活用可能な各種奨学金等支援制度一覧

  • 早川書房、ノーベル賞「三冠」達成。目の付けどころがスゴいと話題に

  • 銃撃を生き延び、沈黙スピーチで注目された高校生、ねつ造画像がネットで拡散

  • Spotifyの無料版はApple Musicと戦う主要兵器だ

  • スターバックスのワイヤレス充電器、iPhone 8/X対応のためにアップデート

  • アンネ・フランクのコスプレ衣装をハロウィン用に通販 ⇒ 販売中止に