1. TOP
  2. 未分類
  3. Apple、WWDC 2018の日程発表――サンノゼで6月4日から8日まで

Apple、WWDC 2018の日程発表――サンノゼで6月4日から8日まで

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 43 Views

AppleがWWDC(Worldwide Developers Conference) 2018の日程を正式に発表した。 Appleのサイトによれば、恒例のデベロッパー・カンファレンスは6月4日からサンノゼで開催される。サンノゼ開催は去年に続いて2度目となる。WWDCは長らくサンフランシスコのモスコーニ・センターで開催されていた。

去年の今頃、WWDCの会場がサンノゼに移ったことが発表された際にTechCrunchの記事は「合理的だ」と書いている。サンフランシスコの物価は高騰している上にAppleはさらにスペースを必要としていた。会場がサンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターならサンフランシスコに比べて参加者もずっとホテルが取りやすい。

登録受付はすでに始まっている。チケットはここ数年変わらず1599ドル〔17万円〕だ。決して安くはないし、数千席が用意されているというものの、参加はそう簡単ではない。Appleはチケット購入者を決めるために抽選を行う。
登録締切は3月22日午前10
時(太平洋夏時間)で、翌日夕方に結果が通知される。

またAppleはプレスリリースで「スチューデント・スカラシップ」として350席を無料で開放すると発表した。Appleのデベロッパー・プログラムに登録しており、STEM組織のいずれかに所属している学生が対象となる。Appleのサイトに専用ページがあるのでフォームに所定の事項を記入して申し込める。うまくいけばちょっとした(1599ドル!)節約になる。

昨年のWWDCで注目を集めたのはARKitの登場だった。これでAppleが拡張現実に本気で取り組むことが印象付けられた。今年は数週間前から新しいハードについてさまざまな情報が飛び交い始めた。噂ではWWDCでは新しいMacBookとiPad Proが披露されるということだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Brian Heater

この人が書いた記事  記事一覧

  • WHO、「ゲーム障害」を疾病と認定

  • E3 2018を個人的に振り返る

  • Sphero、教育分野注力で1200万ドル調達

  • このARグッピーは人間の感情を餌にして育つ

関連記事

  • テスラ、Model X 1万1000台を自主リコール

  • 大流行のインフルエンザB型「熱が出にくいって本当?」「ワクチンは?」いま知っておきたいこと

  • ドリームジャンボ宝くじ、当選番号はこちら(2018年・第743回)

  • DropboxがオンラインドキュメントサービスPaperにテンプレートを導入

  • 量販ディスカウント店BoxedがFC内の商品の流れを完全自動化、しかも誰もクビにならず

  • 女子高生のスカートの長さは日本経済と連動していた? JKファッションの歴史を振り返る