1. TOP
  2. 未分類
  3. セルマ・ブレアが親友キャメロン・ディアスの引退説に言及→発言を撤回

セルマ・ブレアが親友キャメロン・ディアスの引退説に言及→発言を撤回

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 32 Views

Filed under: , , , ,

キャメロン・ディアスの引退を親友の女優セルマ・ブレアがほのめかし話題を呼んだが、ブレアは、すぐにこの発言を撤回した。


キャメロン・ディアスは2014年の『ANNIE/アニー』を最後に、映画に出演していない。親友でもある女優のセルマ・ブレアは最近のインタビューで、ディアスが映画に出演していないのは彼女が「演技をやりきった」からだと話した。

ブレアは、英ニュースサイト『The Metro』とのインタビューで、ディアスと2002年に共演した映画『クリスティーナの好きなコト』について話していた際、ディアスがもう演じることに興味がなくなっているるようだったと打ち明けた。

「この間、キャメロンとお昼を食べたときにあの映画の話になったの。私は続編をやりたいね、って言ったんだけど、キャメロンはもう『演技はやりきった』かのようで、一線を退いたみたいだった」、「彼女はもう映画に出る必要もない。だって今の人生がすごく幸せで、充実してるから。彼女を女優として復帰させるのは難しいでしょう」と語った。

『メリーに首ったけ』で大ブレイクしたキャメロン・ディアスも今や45歳。38歳の夫、ベンジー・マッデンとは後に義理の妹となるニコール・リッチーの紹介で知り合い、7ヶ月間の交際を経て2015年1月に結婚。ブレアは引退説を否定したが、確かに、今彼女は幸せいっぱいで、映画に出る必要がないという考えに至っても不思議ではなさそうだ。

そして、ディアスの引退説が各メディアで報じられたが、ブレアはツイッターでこれをすぐに否定した。

「速報! インタビューでは、ただ冗談を言っていただけで、キャメロン・ディアスは何からも引退しません。そして、さらなるニュース。これをもって、キャメロン・ディアスの広報から引退します」

今回の引退騒動に関して、ディアス本人からのコメントは今のところ得られていない。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「つぶせ」の指示、「けがさせろ」か「思い切り当たれ」どっちだった?日大と選手で真っ向対立

  • 狛江市長がセクハラを認める。「心には一点の曇りもなかった」と釈明

  • 裁判員制度「市民からの提言2018」<提言⑦>裁判員候補者のうち希望する人に「裁判員事前ガイダンス」を実施すること

  • 新生児育児を夫婦で満喫しよう その9 「ママじゃないと泣き止まない」なんてことは絶対ありません!

関連記事

  • Appleの新CMは、iPadがパソコンに取って代わるところを見せる

  • トム・ハンクスに向かっておなら!? ジョシュ・ハッチャーソンが子役時代の赤っ恥エピソードを告白

  • 流行語大賞2017、「ちーがーうーだーろー!」はトップテン落選

  • 防弾少年団、勢い止まらない アメリカ音楽賞にK-pop史上初の出演 「ミラクルだ」

  • 脳内のアミロイドβ病変を予測する血漿マーカー

  • 真っ白な妊娠検査薬に涙した日々。8年間の不妊治療から見出した「幸せ」