1. TOP
  2. 未分類
  3. 《森友文書》佐川前長官の証人喚問、与党でも容認の声 公明・山口代表「必要あれば考えられる」

《森友文書》佐川前長官の証人喚問、与党でも容認の声 公明・山口代表「必要あれば考えられる」

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 32 Views

公明党・山口那津男代表(左)と佐川宣寿氏

学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書の”書き換え”を受けて、野党は佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問を求めているが、自民党はこれを拒否している。

そんな中、公明党の山口那津男代表が3月13日の記者会見「必要性があれば、国会に来ていただくというような決定も考えられる」と発言。条件次第では、証人喚問を容認する姿勢を述べた。

■麻生財務相「最終責任者は佐川氏」

麻生太郎財務相は3月12日、記者団の取材に答えた。佐川氏の国会答弁との整合性をとるため、「理財局の一部の者」が文書を”書き換えた”と説明。最終責任者は、当時の理財局長だった佐川氏だとした。

野党側は佐川氏の証人喚問を求めている。ただ、自民党は難色を示している。

自民党の森山裕国対委員長は13日午前、立憲民主党の辻元清美国対委員長と会談。佐川氏と首相夫人・安倍昭恵氏の証人喚問について拒否する意向を伝えた。

■佐川氏責任論について、山口代表「財務大臣が会見で述べたという段階にとどまる」

“書き換え”問題を受けて、国会では与野党の対立が激化。国会審議がストップしている。与党内からは、佐川氏の証人喚問を容認する声も出始めた。

公明党の山口那津男代表は3月13日の記者会見で、書き換え問題について言及した。

麻生財務相が「最終責任者は佐川氏」と述べたことについて、山口氏は「財務大臣が会見で述べたという段階にとどまっております」と述べた上で「財務大臣の会見をもとにすれば、理財局長であった佐川氏の関わり方というのは重大な関心が集まっております」と述べた。

その上で、「まずは国会で議論を」と強調。「必要性があれば、(佐川氏に)国会に来ていただくというような決定も考えられる」と発言した。

——

まず国会で議論をする。そして、その必要性があるのかどうか。必要性があれば国会として、国会に来ていただくというような決定も考えられると思います。まず、その必要性があるのかどうか、国会の議論をした上で、その判断をすべきだと思います。

与党としては、参議院予算委員会の集中審議を開いたらどうかと思っておりますので、野党の皆さんもヒアリング等なされて、議論するべきテーマ・課題というのは数多く認識されているのだろうと思います。

速やかにこの予算委員会で、この問題についての議論を、立法府としてしっかりおこなうべきである。その上での判断をすべきであると思っております。
(公明党・山口那津男代表=2018/3/13)

——

ただ、佐川氏はすでに公職を辞して「民間人」となっているとし、「(民間人の)国会招致は、全会一致が基本的なルールとなっていると思う」と、慎重意見も述べた。


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「つぶせ」の指示、「けがさせろ」か「思い切り当たれ」どっちだった?日大と選手で真っ向対立

  • 狛江市長がセクハラを認める。「心には一点の曇りもなかった」と釈明

  • 裁判員制度「市民からの提言2018」<提言⑦>裁判員候補者のうち希望する人に「裁判員事前ガイダンス」を実施すること

  • 新生児育児を夫婦で満喫しよう その9 「ママじゃないと泣き止まない」なんてことは絶対ありません!

関連記事

  • MozillaがFirefoxのVR/AR専用バージョンのデモを公開、Web上にまったく新しいメディアが出現か?

  • 家を留守にする猫の飼い主が助け合うアプリ「nyatching」、本日リリース

  • アパレル業界特化の法人向けフリマサイト「SMASELL」運営が1億円を資金調達

  • 情報過多の時代、どんな風に自分のあたまの中を整理している?

  • 大谷翔平がメジャーの洗礼「サイレントトリートメント」に戸惑う様子が可愛すぎるから、みんな見て(動画)

  • 目指すべき賃上げ率は4%:研究員の眼