1. TOP
  2. 未分類
  3. GoogleのSafe Browsingツールは30億台のデバイスを保護している

GoogleのSafe Browsingツールは30億台のデバイスを保護している

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 56 Views

Googleが今日、ユーザーを危険そうなサイトから守る同社のSafe Browsingサービスが、今や30億あまりのデバイスを保護している、と発表した。このサービスは右図のような警告メッセージを表示して、デスクトップとモバイルのChrome, SafariおよびFirefoxのユーザーを、危険と思われるサイトに行けないようにするが、対象機は2013年には10億、2016年5月には20億だった。

このサービスはGoogleのマルウェア対抗ツールの最初の試みのひとつで、2007年に同社の旗艦的サービスである検索の機能として導入された。その後、SafariとFirefoxがこのサービスを採用し、さらに多くのWebデベロッパーやアプリデベロッパーも採用した(たとえばSnapchat)。

しかしSafe Browsingの基本的な考え方は、今も変わっていない。ユーザーがこれから行こうとするサイトが詐欺的だったりマルウェアのホストのようだったら、ユーザーにそう告げる。

なお、Android上のChromeでSafe Browsingがデフォルトで有効になったのは、つい最近の2015年だ。2016年の対象機の急増は、そのせいである。

Googleは今日の発表の中で、Safe Browsingは機械学習を使って悪質サイトの検出精度を上げ、また、つねに最新の技術を評価し統合して改良に努めている、と述べている。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Frederic Lardinois

この人が書いた記事  記事一覧

  • Google、ビジネスアプリ開発ツール “App Maker”を正式提供

  • Microsoft、Officeをメジャーアップデートへ――Fluentデザイン言語を全面的に採用

  • Google Mapsを超える高性能低料金の地図APIを提供するMapfitが$5.5Mを調達

  • Googleの大学情報検索が便利になった(米国のみ)

関連記事

  • “商品サンプリング”の概念を変えるリアル版アドテク「aircatalog」、提供元が資金調達

  • AppleのMacBook Airが10歳を迎えた、ノートブックの革命を作ってまだ健在

  • Amazonの、監視カメラだらけのレジ無しコンビニエンスストアにて

  • すべての政治は失敗します。それが何か?

  • こども哲学における大人の役割とは何か

  • 「太陽フレア」通常の1000倍規模で発生。GPSなどに影響の恐れも…