1. TOP
  2. 未分類
  3. 辻一弘さん、アカデミー賞受賞。メイクアップ部門で日本人初。ゲイリー・オールドマンの特殊メイクを手がける

辻一弘さん、アカデミー賞受賞。メイクアップ部門で日本人初。ゲイリー・オールドマンの特殊メイクを手がける

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 52 Views

メーキャップ&ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘さん(左)

アメリカ・ハリウッドで3月4日に開かれた第90回アカデミー賞の授賞式で、日本人アーティストの辻一弘さんが、日本人で初めてメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した。辻さんは「ウィストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」で特殊メイクを担当した。

辻さんはこれまで2度ノミネートされていたが、初のアカデミー賞受賞だ

映画.comによれば、日本人がアカデミー賞を獲得したのは、2009年・第81回の滝田洋二郎監督作「おくりびと」と、加藤久仁生監督作「つみきのいえ」以来、約9年ぶり。

個人としては1993年・第65回の「ドラキュラ」の故石岡瑛子さん以来、約25年ぶりの快挙となった(科学技術賞、名誉賞、特別賞を除く)。

 

■辻さんが担当した映画は?

「ウィストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」は、ゲイリー・オールドマンがイギリスの政治家、チャーチル首相を演じた歴史ドラマ。3月30日から日本で公開される。

辻さんはオールドマンから「(メイクが)あなたでなければ出ない」とオファーをされたという。朝日新聞デジタルによると、今回のメイクでは、開発と試作に約6カ月間を費やしたという。

辻さんは京都市出身。高校生からメイクを学び始め、ハリウッドに渡った。大ヒット映画「メン・イン・ブラック」をきっかけに世界にその名を知られることになったが、2012年にハリウッドから退き、現代美術の分野に転向していた。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 神対応ボランティアセンター「西予モデル」仕掛け人に会えた!

  • 「民泊」は日本の「おもてなし」の概念に革命を起こした

  • 二次元材料のための高分解能電子顕微鏡

  • 議員の本懐を問う

関連記事

  • 任天堂の教育おもちゃNintendo Laboを実機レビュー――専属テスターの評価は最高〔ビデオ〕

  • Amazon、JPモルガン、バークシャー・ハサウェイがヘルスケアへ――当面社員向けの福利厚生サービス

  • 自動運転の普及とその道のり-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その5:研究員の眼

  • SketchfabのアプリがARKitを体験するのに最高かも

  • YouTuber支援プラットフォームのBitStarがTBS、ABCから資金調達——マスとネットの協業進める

  • 有村架純、横顔が美しいポニーテール姿を披露