1. TOP
  2. 未分類
  3. “親友”と呼べない私。友達ってなんだろう。

“親友”と呼べない私。友達ってなんだろう。

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 41 Views

友達ってなんか、くすぐったい。

あなたとわたしって友達だよね。

そんな確認作業をすることはないし、昔から”親友”という言葉も苦手だった。

あなたは親しい友人だよってご丁寧にハンコを押すなんて。親しいって何だろう。よく電話をすること? 週に何回も会うこと? ふたりだけの秘密ごとがあること?

わたしが中学生くらいのころ。

「心友」「信友」なんていう表現が登場して、”しんゆう”にもランクが付けられた。プリクラに「わたしたち心友だよ」とすらすら書いて、最後にハートのスタンプを押す子を見るとくらくらした。あまりにも眩しくて。

親友ですら、わたしはよくわからないのに……。

レベル、高いなぁって。

休み時間、ボールを手に掲げただけで仲間がわらわらと集まるひと。そこにいるだけで場が明るくなるひと。あっという間に輪の中心になるひと。友達の多いひと。

ああ、すごいなと思っていた。

羨ましいなんていう感情がただよう隙間もなく、もうまったく違う世界だった。

じゃあ、わたしにとって友達ってなんだろう。

いつもお世話になっている編集者さんにこのお題をもらってから、ずっと考えていて。ともだち。うんと頭をぐるぐるさせてもなかなか答えが出てこなかったけれど、こうかもしれないっていうものに、ひとつたどり着いた。

わたしにとって友達って、「思考の交換」ができる存在なのだと思う。

自分が何を思って、考えて、感じているかをまっすぐに伝えることができる。多少の心遣いはしても、変な気を使うことはなくって。

相手からも何を思って、考えて、感じているかを聴いてみる。そうしてお互いの頭や心の中にあるものを交換する。それがわたしにとって、友達。

流行っているお店とか、ドラマに出ていたイケメン俳優とか(まあ一応、女なので)そういう話もするけれど、でもそれはあくまでも情報の交換で。

友達とは、やっぱり気がついたら思考を交換していると気づく。

今の仕事、あのときの選択、これからの人生……時にそんな重いテーマもあるけれど(笑)ただ、そういう話をしていると知らない一面を見られたりする。ああ、そんな想いだったんだねって。

思考の交換って相手のことがもっと好きになるし、愛おしくなる。

で、時折のバカみたいな話が、最高。

わたしは自分の気持ちを伝えるのが得意じゃない。上手じゃない。だからこそ、伝えられる、届けられる、伝え合える、届け合える、そういう存在がとても貴重で。

相手の「嬉しい」がわたしも嬉しくて、「楽しい」が、楽しい。ひとりでも過ごせる自分だけれど、ふたりでいたいと欲する。素直になれる。弱さを見せられる。

友達になりましょう、じゃない。

あなたとわたしって友達だよね、でもない。

あ、気づいたら友達だったかぁ。

という感じ。

“親友”の定義はずっとわからないままだけれど、そういうひとがひとりでもいてくれるなら、定義なんて明確にならなくてもいいやと思える。

毎日は上手くいくことばかりじゃない。

落ち込むことだって、心が揺れることだってある。何かや誰かが眩しすぎて、目をつむりたくなる瞬間もある。

でも、できるだけ前向きでいたい。大好きなひと、そう、友達と、たっぷりと思考の交換ができるように。パワーをもらうばかりじゃなくちゃんと渡せるように。

どうしようもなく疲れちゃった日は「そうだよね」って励まし合って、その後で一緒にたくさん笑い合えたらいい。

そう願うのが、わたしにとって友達。

いつも本当にありがとう。

浮かぶ顔があって、会いたくなった。

この記事のライター

榧野文香(あやか)

ライター/物書き

1988年生まれ。 「仕事」「生き方」についてよく書きます。 言葉をつむぐことで、日々の温度をすこしあげられたら。 空を眺めることとお散歩が好き。

(2018年2月19日「DRESS」より転載)

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 《名人戦》佐藤天彦名人が3連覇、羽生竜王が敗れる。第6局はまさに死闘だった

  • ソフトバンクと新生銀行の「副業解禁」はうまくいってる? 誰でもできる「副業」を考える時間【イベント】

  • 名人戦第6局は「魔界」のような難解局面。羽生善治竜王は負けられない大一番

  • ドウェイン・ジョンソン、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』続編が「正式に進行中」と発表! 

関連記事

  • Amazon EchoでU2の独占コンテンツ配信が決定――Appleとの関係に終止符か

  • スペースXのロケット打ち上げ、ド派手過ぎて「エイリアン論争」勃発

  • 開発案件てんこ盛りです!― ロケット開発の現場より(175)

  • ドイツが子ども用スマートウォッチを禁止、盗聴などハッキングの餌食になることを懸念

  • 「日ペンの美子ちゃん」の広告が「キレッキレ」と話題 日大アメフト部会見・司会者のパロディ

  • AIでラストワンマイルの配送ルートを最適化、名古屋大発のオプティマインドが数億円を調達