1. TOP
  2. 未分類
  3. 米国の映画館で『ブラックパンサー』ではなく官能ロマンス映画を誤って上映→観客は爆笑

米国の映画館で『ブラックパンサー』ではなく官能ロマンス映画を誤って上映→観客は爆笑

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 60 Views

Filed under: , , , ,

映画『ブラックパンサー』は、2月16日(現地時間)の公開日の前夜に先行上映が米国で行われ、待ちに待った多くのファンが映画館に押し寄せた。


しかし、ジョージア州アトランタのある映画館で、PG-13指定(13歳未満の鑑賞には保護者の同意が必要)の『ブラックパンサー』の代わりに、誤ってR指定(17歳未満は保護者の同伴が必要)の官能ロマンス映画『フィフティ・シェイズ・フリード』を数分間にわたって上映してしまうというハプニングが発生した。

何人かの観客がこの模様を撮影していたのだが、意外にも、怒るどころか爆笑していた客も多かったようだ。

「そう、これがアトランティック・ステーション(この映画館のあるショッピングモール)での出来事だ。『ブラックパンサー』の代わりに『フィフティ・シェイズ』を上映してた」

「こんなに笑ったことはない・・・」

ただのミスなのか、誰かのイタズラなのかは分からないが、この後、『ブラックパンサー』は無事に上映されたという。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 《名人戦》佐藤天彦名人が3連覇、羽生竜王が敗れる。第6局はまさに死闘だった

  • ソフトバンクと新生銀行の「副業解禁」はうまくいってる? 誰でもできる「副業」を考える時間【イベント】

  • 名人戦第6局は「魔界」のような難解局面。羽生善治竜王は負けられない大一番

  • ドウェイン・ジョンソン、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』続編が「正式に進行中」と発表! 

関連記事

  • 平昌オリンピック、主な日本人出場の競技と放送予定(2月19日)

  • 調達額トップはPreferred Networks、2017年の国内スタートアップ資金調達動向レポート

  • Facebookを使った自然災害時の寄付が簡単に

  • 深夜の空港でダンスパーティした女性がすごい

  • トランプ大統領が付けたジョージ・H・W・ブッシュ氏の呼び名にネット界が騒然

  • 香取慎吾&大下容子アナの写真に32万件の「いいね」 スマステコンビに反響