1. TOP
  2. 未分類
  3. 金正恩のコスプレマン、北朝鮮応援団の前に現れる。団員は困惑

金正恩のコスプレマン、北朝鮮応援団の前に現れる。団員は困惑

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 75 Views

平昌オリンピック・アイスホッケー女子の試合中、ちょっとしたハプニングが起こった。

2月14日の1次リーグB組最終戦。日本対南北合同チームの試合で、北朝鮮応援団の前に金正恩氏のコスプレをした人物が現れたのだ。聯合ニュース、News1、中央日報などが報じた。

金正恩氏のコスプレをした人物は、統一旗を持って観衆席に現れた。

一部の観客は笑いながら写真を撮っていたが、北朝鮮応援団は驚いた表情を浮かべて困惑している様子だった。

結局、大会関係者によって競技場の外に追い出された。

News1によると、この人物は開会式にもアメリカのトランプ大統領のコスプレをした人とともに登場していた。また、聯合ニュースはこの人物が開会式で一般用のチケットでメディア席に入り、制止された人物と見られると伝えている。

PYEONGCHANG-GUN, SOUTH KOREA - FEBRUARY 09:  impersonators of Donald Trump and Kim Jong Un are escorted out of the ceremony during the Opening Ceremony of the PyeongChang 2018 Winter Olympic Games at PyeongChang Olympic Stadium on February 9, 2018 in Pyeongchang-gun, South Korea.  (Photo by Richard Heathcote/Getty Images)

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • トランスジェンダーを公表した女性が、アメリカで初めて2大政党の指名を獲得

  • 西日本応援企画動画「カモンベイビー オカヤマ!!」

  • 「カーモン ベイビー オカヤマ!!」西日本豪雨で行き来が減った地域に「みんな来て」動画が爆誕

  • あの戦争の死者の気持ちを「代弁」できるのか? 思想家が綴った「声なき死者」への思い《終戦の日》

関連記事

  • ロイヤルウェディング披露宴の客を喜ばせた、ジョージ・クルーニーのある粋な行動とは?

  • W杯ロシア大会、Yahoo!ニュースはどう読まれた?データから読み解く熱狂のうねり

  • ワールドカップの日本代表、吉田麻也がTwitterでGK川島永嗣をかばう

  • 自由に遊んでいいんだよ。東京おもちゃ美術館には、在宅で医療の必要な子たちだけの「スマイルデー」がある。

  • 47年前の集合写真にたったひとり名前のない女性。「誰?」Twitterで呼びかけると…

  • ドローンのローターによる負傷を防止する簡便なシステム登場――ビデオあり