1. TOP
  2. 未分類
  3. 「人生で最も恐ろしいフライトだった」ユナイテッド航空機が飛行中、エンジンカバー外れる(動画)

「人生で最も恐ろしいフライトだった」ユナイテッド航空機が飛行中、エンジンカバー外れる(動画)

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 45 Views

ユナイテッド航空機の乗客は2月13日、恐怖に包まれた。主翼に取り付けられた右エンジンのカバーが飛行中に外れたのだ。ホノルルの空港に緊急着陸した。

ハフポストUS版によると、アメリカのサンフランシスコからハワイに向かっていたユナイテッド航空1175便が飛行中にエンジンカバーが外れ、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に緊急着離した。多数の乗客が窓越しに恐ろしい光景を撮影し、Twitterに写真や動画に投稿した。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js
写真を投稿した乗客の一人、マリア・ファラシュキさんは、「私の人生で最も恐ろしいフライトだった」とツイートで振り返っている。

彼女によると「着陸の45分ほど前になって、ものすごい音がして、激しく機体が揺れだした」という。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

NBCによると、この機体は双発のボーイング777機だった。連邦航空局が事故原因を調べている。幸いなことにけが人はいなかった

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 変わる北朝鮮 街中にいちゃこらカップル、そしてセグウェイ…。写真家が見たリアル

  • キャサリン妃、大切にしているのは「家族のありふれた時間」

  • アイルランド、中絶合法化へ 「静かな革命が起きた」

  • 独りでいることも誰かといることも「私」が決める

関連記事

  • フリマアプリ「ラクマ」、販売手数料0円を終了。6月から「3.5%」に

  • 「今すぐ実家を出なさい」無職の30歳男性に裁判所が退去通知

  • 生まれつき茶色い髪の黒染めを強要⇒海外メディアが続々「日本の厳しい校則」報道

  • 壊滅的にみえる「リベラル」は自民党に勝てるのか。枝野幸男氏の答えは…

  • 生まれてくる赤ちゃんが「生存不可能」と告知された。それでも産むと決めたのは臓器提供のためだった

  • 次期iPhoneの試験生産、早ければ4月〜6月に前倒し? 初期の品薄を繰り返さないためとの噂