1. TOP
  2. 未分類
  3. Google、AMPフォーマットをメールに拡大――対話的カレンダーやアンケートを含めることが可能に

Google、AMPフォーマットをメールに拡大――対話的カレンダーやアンケートを含めることが可能に

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 30 Views

Google AMP はモバイルページを高速で表示するためのオープンソース・フォーマットだが、Googleはウェブサイトのレシピやハウツーといった記事を越えて適用範囲をさらに拡大しようとしている。今日(米国時間2/13)、Googleは手始めとしてAMPストーリーを発表し、続いてAMPをメールに適用した

AMP(Accelerated Mobile Pages)のメールへの適用というのは一見奇異に感じれるかもしれない。メールの表示が遅いと文句を言う人間は少ないからだ(メールは大部分がテキストだ)。しかしGoogleによればAMPフォーマットはメールを現代化する上でもっとも適切なフォーマットだと主張する。「ニュース、ショッピング、電車、フライトなどを始めとして、メールは現代人が情報を得る上で欠かせないツールになっている。世界では毎日2700億通のメールがやり取りされている。AMP for Emailを利用すれば、メールに含まれる情報を魅力的かつ対話性が高いものにする。ユーザーはそうしたメールにリアルタイムで反応できる」とGmailのプロダクト・マネージャー、Aarash Sahneyは今日のブログ記事に書いている。

AMP for Emailを利用すれば、デベロッパーは、たとえば、対話的に日付を指定できるカレンダーをメールに挿入することができる。つまり会議の日程を決めるのに5回も6回もメールのやり取りをする必要がない。航空会社がAMPを利用すれば常に最新のフライト情報が得られるメールを送ることができる。またユーザーが別のサイトに移動せず、その場で記入して返信できるアンケートなども作成できる。

Googleはこの間メールの現代化を図るプロジェクトを多数実施してきた。たとえば2013年にはカスタマイズ可能なアクションボタンをGmailに追加している。そうした努力にもかかわらず、メールは全体としてそう変わっていない。特にAMP for Emailのような新しいフォーマットの場合、Googleのライバルのメール・プロバイダーがサポートを決めなければ広く普及しないだろう。

現在のところAMP for Emailはプレビュー版で、デベロッパーはGoogleの専用サイトにサインアップする必要がある。Gmailでのサポートは今年中の予定。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Frederic Lardinois

この人が書いた記事  記事一覧

  • GoogleがG Suite for Educationの無料利用を家庭学校共同事業にも提供

  • GUNはオープンソースのP2Pデータベース――ノードがオフラインでも機能する

  • GoogleとCoursera、機械学習の特別クラスをスタート――ITプロフェッショナルが実戦的能力を得られる

  • ベアメタルでプライベートクラウドを提供するPacketがPlatform 9やDateraとパートナーして構成を充実

関連記事

  • 「はたらいて、笑おう。」と書いている俺自身が笑えてない。クリエイティブディレクター佐倉康彦さんに聞く、働くこと、笑うこと。

  • 「しみわたり」をPRして、雪をダイアモンドに変えてみよう

  • 「精神的迷子」は次のステージに移った証拠なのかも。そう、きっとそう。

  • トランスジェンダーの娘に、ふたりの校長先生が言った「衝撃的」な言葉

  • VR、ARを発展させた技術「MR」、どんな技術?

  • H&Mが安室奈美恵さんに熱烈オファー 新聞広告でわざわざラブレターを公開、なぜ?