1. TOP
  2. 働き方
  3. フリーランスはマイナンバーがいつ必要?~フリーランスとマイナンバー~

フリーランスはマイナンバーがいつ必要?~フリーランスとマイナンバー~

働き方
この記事は約 5 分で読めます。 6 Views

マイナンバーとは

マイナンバーが送られてきて、これはどうすればいいのか分からなかったのではないでしょうか。実際にはマイナンバーを活用する場面は増えています。特にフリーランスはマイナンバーを通知しなければならないこともあります。では、そもそもマイナンバーはなぜ導入されたのでしょうか。内閣府によれば、マイナンバーは「、社会保障、税、災害対策の3分野で、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用」され、「社会保障、税、災害対策の3分野について、分野横断的な共通の番号を導入することで、個人の特定を確実かつ迅速に行うことが可能」になります。その結果、「これにより、行政の効率化、国民の利便性の向上、さらに公平・公正な社会を実現」できるとしています。確かに行政側としては管理がしやすくなるので、便利ですよね。フリーランスとしては税金などしっかりと報告しなければいけないでしょう。

フリーランスがマイナンバーを必要とする時は?

行政の効率化、国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現が目的で導入されたマイナンバー制度ですが、フリーランスがマイナンバーを必要とするのは以下の3つの時です。ここではそれぞれなぜ必要なのか説明します。

1.仕事を受けて報酬をもらったとき

仕事を受けた場合、仕事を発注した側が、あなたのマイナンバーを税務署に提出する「支払調書」に書く必要があります。これとマイナンバーが記載された確定申告と照らし合わせることで、容易に双方の照会ができるようになるのです。ただし、マイナンバーを提供する場合は本人確認も必要になります。確かに勝手にあなたのマイナンバーを提供する人もいるかもしれませんので、必要な手続きだと言えます。通知カードだけの場合は免許証なども提示する必要がありますが、「マイナンバーカード」を作っておけば、それだけで十分です。他にも「マイナンバーカード」があればコンビニで住民票の写しや印鑑証明なども取得できるので、とても便利です。発行しておいても良いでしょう。

2.仕事を頼んで報酬を支払ったとき

あなたが源泉徴収義務者である場合は、仕事を頼んだ相手のマイナンバーを支払調書に書く必要があります。ただし、源泉徴収業者
でない場合は、マイナンバーを書く必要がありません。ひとりでフリーランスとして活動している場合は、源泉徴収業者ではありませんので、マイナンバーを記載する必要はあります。また、マイナンバーは相手先が法人の場合は法人番号がネット上で公開されていますので、そちらを記載し、相手もフリーランスの場合は直接教えてもらいましょう。

3.従業員を雇っている場合

従業員を雇っている場合は本人だけでなく、その扶養家族のマイナンバーも必要になります。源泉徴収票だけでなく、給与支払報告書などにマイナンバーを使うことになります。

4.確定申告をするとき

確定申告をするときにマイナンバーを書かなければならなくなっています。この番号があれば、受注先の支払調書と照合することが容易になるためです。行政としては監理がしやすくなるので、大変便利な制度ですが、申告漏れや申告間違いがすぐに分かるという意味ではフリーランスはより気を付けないといけないでしょう。

マイナンバーは目的をはっきりする必要がある

マイナンバーを取得する際には、身分証明を提示する必要があることはすでに述べましたが、マイナンバーはいつでも取得できるわけではありません。提出を求められた場合も、提出を求める場合にも、その目的をはっきりさせる必要があります。複数の目的を知らせておけば、一回の通知で済みます。マイナンバーは重要な番号ですので、目的がよく分からない場合には教えるのはやめましょう。

マイナンバーの管理は徹底する

マイナンバーの漏えいには罰則規定があります。例えばフリーランスに関係するものとしては、「個人番号利用事務、個人番号関係事務などに従事する者や従事していた者が、正当な理由なく、業務で取り扱う個人の秘密が記録された特定個人情報ファイルを提供」した場合、「4年以下の懲役or200万以下の罰金(併科されることあり)」と規定されています。また、「個人番号利用事務、個人番号関係事務などに従事する者や従事していた者が、業務に関して知り得たマイナンバーを自己や第三者の不正な利益を図る目的で提供し、または盗用」した場合、「3年以下の懲役or150万以下の罰金(併科されることあり)」と規定されています。このようにマイナンバーが漏えいしないように管理を徹底しましょう。

マイナンバーですべて分かるようになる?

前述したようにマイナンバーは行政の効率化、国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現が目的で導入されています。そのため、今後預金の残高なども分かるようになってくるでしょう。資産を隠したり、脱税したりすることはできない社会が、近い将来に来ると思われます。罰を受けないためにも、正しい申告を心がけるようにしましょう。

記事作成/ジョン0725

Source: ノマドジャーナル

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

gerge0725

この人が書いた記事  記事一覧

  • ITエンジニアは副業できる?ITエンジニアが副業する方法とは

  • 副業でも税金がかかる?~副業の所得にかかる税金とは~

  • エンジニアでフリーランスになるといくら稼げる?~フリーランスと年収の関係は~

  • ITを使って副業したい~ITを使った副業の方法とは

関連記事

  • メラビアンの法則って何?誤解されがちな法則の本来の実験内容を解説!

  • 【外国人労働者の増加で職場・生活はどう変わる?】第23回:外国人は日本の救世主ではない 受け入れにはメリット、デメリット、リスクの検討がまだまだ不十分

  • 【Social Nomad Project】伊勢谷友介さん×久保田雅俊(前編)「社会課題の解決」と「ビジネス」は両立できない?

  • 世界でフリーランス労働が最も盛んな6カ国〜【世界の副業・複業、パラレルキャリア】第14回

  • 英国でフリーランスは「魅力的&稼げる」イメージ〜【どこが違う?日本と欧州の働き方】第12回

  • 【地方×副業、リモートワーク】第12回:地方の仕事にはコツがある(2)