1. TOP
  2. 未分類
  3. 片付けが苦手な人へ、片付けのきっかけを自分でつくる6つの方法

片付けが苦手な人へ、片付けのきっかけを自分でつくる6つの方法

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 88 Views

理想の部屋や、好みのインテリアはあるものの、それを手に入れる前に立ちはだかるのが「片付け」だと感じている人は多いはず。片付けが苦手な人やおっくうな人にも役立つ、片付けのきっかけづくりを考えてみました。

「整った部屋で過ごすためには、片付けを習慣にすること」「毎日少しずつ片付ければ負担は少なくなる」そうしたアドバイスを目や耳にしたことはないでしょうか。

その通り! 快適な暮らしへの近道は、習慣にすることが確実で、いちばんの近道です。でも、頭ではわかっていても、それが出来れば苦労しないのだという声も聞こえてきそうです。では、ここでは少し見方を変えて、片付けのきっかけづくりについてご提案していきましょう。

人を招く

もっとも効果的なのが、住まいに人を招くこと。計画的に片づけるのは苦手という人でも、具体的な日にちが決まっていれば、実行あるのみです。

とりあえず玄関とリビングとサニタリーだけというように、お客様を招いたときに目に入る場所に限定して掃除をしたり、整えるだけでも構いません。気張りすぎず、けれどももてなしの心を持って準備したいですね。

「片づいたら家に呼ぶね」と言っているうちは、なかなか実行に移せませんから、とにかく招く日を決めてしまうのが得策です。

引越しをする

こちらはお金もかかりますし、だいぶ大がかりなことです。しかし、引越しは片付けを一気に進められるのもまた事実。

今持っているものをすべて収められるような収納力のある住まいを選びたいと考える方が多いですが、住まい選びで大切なことは、収納力だけではありません。

引越しは持ちモノの要不要を見なおせる好機ととらえれば、片付けへのモチベーションはあがります。引越し予定のある人なら、その機会を利用しない手はありません

記念日を活かす

誕生日、結婚記念日、進級・進学の日など、自分にとって記念となる日に片付けをスタートするのもオススメです。

「プレゼントにアクセサリーをもらったから」とか、「記念に食器を購入したいから」など、あたらしいものを手にする機会も多いので、それを飾ったり収納したりするために、整えると気分がよくなるはずです。

買い替えや破損を目途にする

家電や生活雑貨など、破損や故障がきっかけというとネガティブに感じるかもしれませんが、モノを買い替える際も実は好機です。処分する時は、付属品や取扱説明書なども同時に見直すことができます。

当たり前に使っていたものだとしても、「この先も本当に必要か」、「代替えできるモノはないか」など、改めて考えてみると、気持ちも片づいていくかもしれません。

趣味を増やす、好みを変える

これにより持ち物にも変化が生じます。興味のなくなったものは、好みが変わった時が手放すきっかけになります。

例えば私の友人の場合は、お子さんがまだ小さい頃は洋服を手作りするなど、手芸が趣味でした。

しかし、今は針や糸を持つ機会も、ミシンを使う機会もほとんどなくなったので、あるとき、たくさんあった手芸用品は手放したそう。それをきっかけに、数年ぶりに部屋の模様替えができました。

新たな趣味を生かすためのスペース確保も、片付けのきっかけになります。

「旅先で買い集めているものを飾りたい」「習い事をはじめたからその道具を収納する場所が必要」など、楽しむための片付けはポジティブでオススメです。

ラッキーデーをつくる

「毎月15日は片付けの日」のように、日にちを設定してみるのもいいですね。片付けのための日と思うとやる気が出ないという方は、ラッキーデーに変換。

実際、片付けたり、身の回りを整えることで、気持ちが晴れ晴れしたり、幸運が舞い込んだなどという話もあったりしますから、試しにラッキーデ―を設定してみては?

片付けのモチベーションは、人それぞれ。片付ける習慣をつけなくてはならないと思うと、苦手意識をもってしまうのもわかりますが、そんなにまじめに構えず、単純なきっかけやノリで片付けを始めてもいいはずです。

あなたらしい方法で気軽に片付けをはじめてみませんか。

文:Akiko Kurihara
記事提供:Houzz(ハウズ)

(2016年4月18日 Houzz『片付けが苦手な人へ、片付けのきっかけを自分でつくる6つの方法』より転載)

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • 黒煙上がる機体、受け入れ病院の慌ただしさ…メキシコ北部の飛行機墜落事故【動画・画像】

  • ビジネスクラス、高い値段を払って乗る価値はある?

  • 日野皓正さん校長のドリームジャズバンド発表会をふりかえって

  • ユースがすすめるジェンダー平等~ドイツ~

  • 思い出す・言葉にする・伝える~経験を伝えること、表現すること

  • もしスティーブ・ジョブズが日本の工場で働いたら? 出口治明APU学長がめざす、これからの人材教育