1. TOP
  2. 未分類
  3. 台湾地震で心配の声、続々 古坂大魔王「今こそ東日本大震災の恩を返す時」

台湾地震で心配の声、続々 古坂大魔王「今こそ東日本大震災の恩を返す時」

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 47 Views

古坂大魔王さん(左)と渡辺直美さん

台湾北東部・花蓮県で2月6日に発生したマグニチュード6.0の地震を受けて、日本では被災地・台湾を気遣う声がTwitterなどで多数投稿されている。

■台湾の人々を心配する声、著名人からも続々

古坂大魔王さんは、2011年の東日本大震災でいち早く義援金を表明した台湾の行動に触れつつ、「今こそ恩を返すときでは」と呼びかけた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

台湾人の母を持つお笑い芸人の渡辺直美さんは「台湾加油(ガンバレ台湾)」と呼びかけた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

台湾での単独ライブの経験があるT.M.Revolutionこと西川貴教さんも…。

https://platform.twitter.com/widgets.js

「新世紀エヴァンゲリオン」碇シンジ役などで知られる緒方恵美さんは、こうつぶやいた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

将棋の羽生善治竜王の妻、羽生理恵さんも…。

https://platform.twitter.com/widgets.js

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • イーロン・マスク氏の偽物に注意。「お詫びに40億円分の仮想通貨をプレゼント」のサイトに誘導

  • 岐阜県多治見・美濃で40℃到達 5年ぶりに記録

  • 可愛すぎる「容疑者」を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

  • 可愛すぎる容疑者を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

関連記事

  • 23歳で胃を全摘出。がんで一度拾った命、社会のために使いたい。

  • 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発

  • 下着の広告と全く同じポーズで撮影。モデルが訴えたかったこと

  • 革命バカ一代、塩見孝也、死す。

  • 自称アイドルプロデューサーを逮捕  14歳の女子中学生を誘拐した容疑

  • 休日、針を落とす時間。尽きないレコードへの愛