1. TOP
  2. 未分類
  3. 「おひとりさま」にもぴったりな食洗機、その名も「ボブ」 仏ベンチャー企業が開発

「おひとりさま」にもぴったりな食洗機、その名も「ボブ」 仏ベンチャー企業が開発

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 42 Views

若者、学生、独り者、カップル。こと大都会で、こうした人々はしばしば、狭苦しいアパルトマンに住むのを余儀なくされている。場所をとり、水道も引かなければならない「食器洗い機」の購入なんて、もってのほかだ。

そんな悩みを解決すべく、登場したのが「ボブ」だ。フランスのベンチャー企業「Daan Technologies」が開発したこの食器洗い機は、縦35cm、横40cm、高さ45cmと、従来の小型商品よりもさらに小さくなっており、持ち運びもできる。

他にもこんな利点が。まず、水道の蛇口とつなげる必要がない。1回の洗浄ごとに、3リットル分の付属タンクを水で満たせばOK。

洗いにかかる時間もとても速い。1〜2人分の食器一式が入る容量を満杯にしても、20分で完了する。技術開発を重ね、超音波を利用することで、洗うスピードを早められたという。

この食洗機「ボブ」は、2017年9月から、ベンチャー企業を支援するパリの巨大インキュベーション施設「Station F」でデザインが展示されていた。

2月1日に行われたフランス最大級のイノベーションサミット「Maddy Keynote」では、試作品第1号が発表された。

デザインはまだ確定していないが、すでに機能性は申し分ないという。最終的な見た目はこのような感じになる予定。

このまま順調にいけば、「ボブ」はフランス国内で製造され、年内にもおよそ300ユーロ(約4万円)の価格帯で販売される予定だ。

ちなみにハフポスト・フランス版のFacebook投稿には、「ゼッタイ買わなきゃ!」「 念願 」「解決策が見つかった!!!」といった好意的な評価が多数寄せられている一方、もっとも共感を呼んだのは次のコメントだったようだ。

「学生に300ユーロの食器洗い機って!そんなんで生活が変わるわけないっしょ。何よりも足りないのは場所でも水でもなく、お金なんだから」

ハフポスト・フランス版より翻訳・加筆しました。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワールドカップ決勝に乱入したプッシー・ライオットとは? 「黒幕」のインタビューから迫る

  • フランスが2度目のワールドカップ頂点 スーパーゴール連発でクロアチアに勝利

  • ビーチ・チェアと死んだウミガメ 覚えておきたい1枚の写真

  • ワールドカップ予想、AIとデータを超えた松木 クロアチア躍進を的中?

関連記事

  • 手塚治虫文化賞に現れた巨大なニワトリの正体は?

  • サイバーセキュリティクラウドがAWSに対応したウェブセキュリティ新製品「WafCharm」発表

  • 学校では教えてくれなかった「英語を読むコツ」 注目すべきは「固有名詞」

  • 強姦罪などで起訴されたハーヴェイ・ワインスタイン被告、法廷で無罪を主張

  • WeChatも視察?習近平主席との会談の裏に、金正恩氏の苦悩も?

  • 麻疹(はしか)を理解し、身を守るための21の質問