1. TOP
  2. 未分類
  3. Googleがサードパーティ製のクラウドソフトウェアをショッピングできるストアを開店

Googleがサードパーティ製のクラウドソフトウェアをショッピングできるストアを開店

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 69 Views

Googleが、企業などの顧客にクラウド上のサードパーティ製ソフトウェアを売るためのデジタルストアを立ち上げる。このニュースを最初に報じたBloombergは、この動きはAmazon Web Servicesなどクラウドの先頭企業集団に、この検索大手が後れを取らないための最近の努力の一環だ、と言っている。

Googleが単独でストアを立ち上げるのではなく、MobileIronとパートナーする。後者は2014年に上場したモバイルのデバイス管理企業だ。この新しいストアに関するGoogleのブログ記事によると、このコラボレーションによって、Google Cloud上のコマースプラットホームOrbiteraに、MobileIronのアプリ配布やセキュリティ、アナリティクスなどの能力が統合される。

Googleによると、このホワイトレーベル方式のサービスには、複数のサービスを顧客の層別に同梱(バンドル)したり、独自のブランドを作ったり、顧客のデバイスやデータやサードパーティのクラウドサービスにアクセスできたり、ユーザーやアプリを限定するセキュリティ、利用状況のアナリティクスなど、いくつかの機能が最初から提供されている。

GoogleがOrbiteraを買収したのは2016年で、そのときは買収価額が1億ドルあまりと言われた。Orbiteraはクラウドベースのソフトウェアを売買するプラットホームを開発したが、Googleによる買収によって、AmazonのAWSやSalesforce, Microsoftなどと競合してクラウド上でエンタープライスサービスを売っていけるように改良された。

Googleのこの新しいイニシアチブにはコンペティターがいる。Bloombergの指摘によると、AT&Tは、ユーザーがVPNで安全に接続できるクラウドサービスを提供している。しかしそれでも、一回のアクセスで容易かつ簡単に多くのクラウドサービス〜クラウドソフトウェアの中から気に入ったものを選べるこのような‘ストア’は、ユーザーにとって便利だろう。あちこちアクセスして探すよりは。

うまく行けば、これはGoogleの新しい強みになるかもしれない。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Connie Loizos

この人が書いた記事  記事一覧

  • 有色人種女性起業家のために、1億ドルのファンドができた

  • 2018年が女性にとっての転換点になるかもしれないことを示唆する、50人の創業者とVCたち(その2)

  • LyftがMotivateを買収、Lyft Bikes実現へ

  • 2018年が女性にとっての転換点になるかもしれないことを示唆する、50人の創業者とVCたち(その1)

関連記事

  • ケイト・スペードさんはうつ病を患っていた。夫が明かす亡き妻への思い

  • 月刊誌「LEON」のジャケット特集にドン引きする声が続出

  • ゲイにとって“ハッテン場”はどんな意味を持つのか。社会学者、石田仁さんに聞く

  • ワーホリで見つけよう!あなただけの「タグ」〜台湾ワーホリから中国・深センでドローン事業を立ち上げた川ノ上和文さん〜

  • 言語学習のDuolingo、中国語コースを開設

  • 地方の問題を置き去りにしているのは、霞ヶ関ではなく、地方の政治家たちではないか