1. TOP
  2. 未分類
  3. 桐生祥秀、日本初の9秒台に「世界のスタートラインです」 Twitterにアップしたのは…

桐生祥秀、日本初の9秒台に「世界のスタートラインです」 Twitterにアップしたのは…

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 94 Views

9月9日、日本人初となる夢の9秒台を達成した桐生祥秀(よしひで)選手。

同日夜には自身のTwitterアカウントを更新し、10秒の壁を破った喜びをつづった。

//platform.twitter.com/widgets.js

「たくさん書きたいことはありますが まずはありがとうございました。本当に応援が力になりました」との感謝のコメントとともに、賞状の写真もアップした桐生選手。賞状には大きく「栄誉を讃える」と書かれている。

このツイートは10日現時点で15万件以上の「いいね」が付き、祝福の声が多数寄せられた。

桐生選手は、京都・洛南高校3年生だった2013年4月、日本歴代2位となる10秒01を記録し、一躍注目を浴びるようになった。2015年3月には、アメリカ・テキサス州であった競技会で追い風3・3メートルの参考記録ながら9秒87を出し、日本勢の悲願だった9秒台の期待を一身に受けた。

しかし、2017年8月の世界選手権(ロンドン)男子100メートルではまさかの代表落ち。男子400メートルリレーのみの出場となるなど、不調が心配された。しかし、リレー決勝では銅メダル獲得に貢献した。

これまでの日本記録は、伊東浩司が98年に記録した10秒00だった。世界記録は2009年にウサイン・ボルト(ジャマイカ)が記録した9秒58。

https://scdn.line-apps.com/stf/line-news/js/thirdparty/banner2.js
Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大阪地震、土砂災害の危険性が高まる がけ崩れ、地すべりの前兆とは?

  • 地震雲とは? 「大阪地震の前に出現」と情報拡散 ⇒ 専門家は否定

  • 相次ぐ日本列島で震度4以上の揺れ、関連性は?

  • 大阪地震、19日に入り震度3以上の余震が複数回発生

関連記事

  • 「プロゴルファー」である前に–舩越園子

  • 「天皇誕生日」祝日確定いつなの…退位でカレンダー業者「直しは、12月中までなのに…」

  • 試合中のため息が萎える。だからガンバ大阪はサポーターに頼んだ「あ〜じゃなくて、ウーにしてみない?」

  • スノーピークはなぜ「野良着」を作ったのか。デザイナーが見つめる「働き方改革」と地場産業への思い

  • Uberの自動運転車はNvidiaのDriveコンピューティングプラットホームを使っていなかった

  • 温かみと味わいのあるアクセント、タイルを使ったキッチンの魅力