1. TOP
  2. 未分類
  3. フランスで漫画の祭典が開催。真島ヒロ氏に特別栄誉賞、グランプリに輝いたのは?

フランスで漫画の祭典が開催。真島ヒロ氏に特別栄誉賞、グランプリに輝いたのは?

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 70 Views

第45回アングレーム国際漫画祭の様子(撮影=2018年1月25日)

1月25〜28日にかけて、ヨーロッパ最大級のバンド・デシネ(漫画)の祭典「アングレーム国際漫画祭」がフランス南西部・アングレームで開催されている。

2015年には『AKIRA』などで知られる日本の大友克洋氏が、前回2017年にはスイスのコゼ氏が受賞した栄えあるグランプリに輝いたのは、アメリカのリチャード・コーベン氏(77)だった。

https://platform.twitter.com/widgets.js

「アングレーム国際映画祭2018のグランプリはリチャード・コーベン!過去の受賞作家団体によって審査され、2017年のグランプリであるコゼによって賞が手渡されました」

コーベン氏は3人残ったファイナリストのうち、フランスのエマニュエル・ギベール氏(代表作『フォトグラフ』)と、同じくアメリカのクリス・ウェア氏(代表作『世界一賢い子供、ジミー・コリガン』)を抑えてグランプリとなったかたちだ。

出席できなかったコーベン氏の代わりに、編集者が賞を受け取った。

リチャード・コーベン氏が漫画家としての活動をスタートさせたのは、アメリカの「Creepy」や「Vampirella」といった雑誌でのホラー漫画連載からだった。

1970年代になると、そのエアブラシを用いた独特の人体表現(幻想的・近未来的な世界に登場する筋骨隆々の肉体)によって、国際的な名声を得ていく。

フランスを代表するSF・ホラー漫画雑誌「Métal Hurlant」の創刊者メビウスらが、コーベン氏のデッサンに注目し、同誌で彼の有名な『Den』シリーズの連載が開始。漫画界に絶大な影響を与えた雑誌によって、アメリカ以外の読者にも広く知られることとなった。

それまでアングラ漫画界の申し子だったコーベン氏は、その後「Marvel」「DC Comics」「Dark Horse」といったアメリカの大手出版社にも活動の幅を広げていく。そこでパニッシャー、ヘルボーイ、ハルク、パワーマン、バットマンといったアメコミヒーローを主人公とする、数多くの物語が生み出された。

またエドガー・アラン・ポーやH・P・ラヴクラフトといった、SFやホラーと親和性のある作家の作品の漫画化も手がけた。

その間、商売道具のアエブラシはペンにとってかわる。細かい点描の影と、禿げ上がった額をもつ人物で、独特のスタイルを確立していくことになる。

コーベン氏はすでに1976年、同漫画祭の外国人作家賞を受賞していたが、今回のグランプリをもって、77歳にしてキャリア全体が国際的な評価を得ることとなった。

また日本の漫画家としては、『RAVE』や『FAIRY TAIL』などの作品で知られる真島ヒロ氏(40)が、特別栄誉賞を受賞している

フランスのフランソワーズ・ニセン文化相(左)と真島ヒロ氏(右)(撮影=2018年1月25日)

ハフポスト・フランス版より翻訳・加筆しました。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • トランスジェンダーを公表した女性が、アメリカで初めて2大政党の指名を獲得

  • 西日本応援企画動画「カモンベイビー オカヤマ!!」

  • 「カーモン ベイビー オカヤマ!!」西日本豪雨で行き来が減った地域に「みんな来て」動画が爆誕

  • あの戦争の死者の気持ちを「代弁」できるのか? 思想家が綴った「声なき死者」への思い《終戦の日》

関連記事

  • 高橋真麻、素直過ぎるブログを反省「嘘をつかないように育てられたから…」

  • iOS 11.3 ベータ2「バッテリー管理機能」の詳細が判明。電池劣化iPhoneが遅くならない設定を追加

  • TechCrunch Tokyo 2017、前売りチケットの販売は今月31日まで

  • 無限に拍手し続けるロボットBigClapperは店頭客寄せに最適だ

  • Microsoft Azureのアベイラビリティゾーンがやっとアベイラブルになった

  • 木村拓哉の紳士的な気遣いに、『BG~身辺警護人~』の共演者が感銘「勉強になります」