1. TOP
  2. 未分類
  3. 後ろ向き研究の評価-研究方法によらない評価法は何か?:研究員の眼

後ろ向き研究の評価-研究方法によらない評価法は何か?:研究員の眼

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 13 Views

疫学では、環境と病気の関係を把握するために統計学を用いた研究が用いられることが多い。これは、ある環境に置かれた人が、特定の病気にかかりやすいということを、患者のデータをもとにつきとめようとするものである。

研究方法は、大きく、前向き研究と、後ろ向き研究に分けられる。

前向き研究は、時間の順番を追って研究を進める方法で、まず、ある環境に置かれている人と、置かれていない人を複数抽出する。そして、一定の時間が経過した後に、それぞれの中で特定の病気になった人と、なっていない人を把握して、分析をするというやり方である。

一方、後ろ向き研究は、時間をさかのぼって個々の人の環境と病気の状況を把握する方法である。現在、特定の病気になっている人と、なっていない人を抽出する。そして、それぞれの人が、一定期間前に、ある環境に置かれていたかどうかを確認しにいく。

例として、喫煙と糖尿病の関係についての研究をとってみよう。まず、喫煙者と非喫煙者を複数抽出して、3年後に、これらの人が、糖尿病にかかっているかどうかをみるというのが、前向き研究である。

一方、糖尿病の患者と健常者を、それぞれ取り出して、そのうち、過去3年以上喫煙をしていた人がどれくらいいるかを確認するのが、後ろ向き研究である。

どちらの研究でも、環境の違いと、病気になったかどうかの違いで、2かける2の、4通りの表を作る。この表をもとに、環境と病気の関係について、分析をすることになる。

前向き研究で、喫煙あり、喫煙なし、それぞれ1,000人について、糖尿病になったかどうかの研究を行い、その結果、次のような表が得られたとする。

この表をもとに、評価する方法として、「リスク比」がある。リスク比というのは、喫煙ありの人全体のうち糖尿病になった人の割合は、喫煙なしの人全体のうち糖尿病になった人の割合よりも、○倍大きい、ということを示すものだ。この例では、リスク比は、4(=(400/1,000)/(100/1,000))となる。

次に、後ろ向き研究で、喫煙と糖尿病の関係を捉えてみよう。

糖尿病ありの人と、糖尿病なしの人を、それぞれ500人ずつ抽出したい。上の表で、糖尿病ありの人は500人だから、そのままにしておこう。一方、糖尿病なしの人は1,500人いる。

そこで、この1,500人から、3人に1人の割合でランダムに500人を抽出することにしよう。その結果、次の表が得られたとする。

例2で、例1と同じように、リスク比を計算してみよう。すると、2.7(=(400/600)/(100/400))となる。研究方法を変えただけなのに、リスク比が下がってしまった。

実は、例2では、リスク比の値には、意味がない。喫煙ありの600人は、糖尿病ありの400人と、なしの200人を足し上げた数値に過ぎない。「喫煙ありの600人を抽出したところ、400人が糖尿病ありだった」というわけではないのだ。

では、どうしたらよいか。そこで、出てくるのが、「オッズ比」だ。ここで、オッズとは、病気がない人に対して、病気がある人が何倍いるかを表す値のことだ。例1や例2では、糖尿病なしの人に対して、糖尿病ありの人が何倍いるか、がオッズとなる。

喫煙ありの人と、喫煙なしの人について、それぞれのオッズを計算して、その比をとったものが、オッズ比となる。例1では、オッズ比は、6(=(400/600)/(100/900))となる。例2でも、6(=(400/200)/(100/300))と、同じ値が得られる。このように、オッズ比を使えば、研究方法によらずに、同一の値が得られるというメリットがある。

ただし、オッズ比には、デメリットもある。数値の解釈に、注意が必要となるのだ。リスク比と同様に、「喫煙ありの人が糖尿病になるリスクは、喫煙なしの人の6倍」などと言うことはできない。

オッズ比は、「喫煙ありの人は、喫煙なしの人に比べて、糖尿病にかかる割合が高い」ということまでしか言えない。つまり、オッズ比では、リスクが何倍なのかを定量的に表すことはできないのである。

数値で表された結果を評価したり、解釈したりするときには、リスク比やオッズ比などの指標を、そのメリット・デメリットを踏まえて、正しく用いる必要があると考えられるが、いかがだろうか。

関連レポート

打ち切りの反映-計算方法は、技術の進化に応じて見直すべきか?

作られた有意性-前提に、手を加えられてはいないか?

交絡因子の考察-因果関係を検討する際に、注意すべきポイントは?

(2018年1月5日「研究員の眼」より転載)
メール配信サービスはこちら
株式会社ニッセイ基礎研究所
保険研究部 主任研究員
篠原 拓也

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 羽生結弦の最後の舞に、観客はみんな見とれた。天を仰いで「ありがとう」 フィギュアスケート・エキシビジョン(画像集)

  • カーリング女子、スウェーデンが3回目の金メダル 韓国が敬意を込めて「ギブアップ」(平昌オリンピック)

  • マススタートでも金メダル・高木菜那は狙い通りにレースを進め、勝利をつかんだ(平昌オリンピック)

  • 平昌オリンピック最終日の日本人出場の競技と放送予定(2月25日)

関連記事

  • MicrosoftがWebサイト診断ツールSonarをコマンドラインツールとWebサービスで提供

  • アルメニア人「大虐殺」の闇:映画『THE PROMISE/君への誓い』監督インタビュー–フォーサイト編集部

  • 「被災地を元気に」Bリーグオールスター熊本開催、選手らが思い語る 東京でファンイベント、「インスタ映え」競う一幕も

  • 「男が痴漢になる理由」なぜ女性も知っておくべきなのか。満員電車でくり返される性暴力

  • 育休を取ることが選択肢の全てではない。育児に普通に参加しているだけ。本音だらけの育休男子対談(後編)

  • 「海の見える駅」北浜駅が地の果てすぎる。冬目前のオホーツク海を眺めたら…