1. TOP
  2. 未分類
  3. IBMがローコードプラットホームMendixをIBM Cloudに統合、新しいタイプのユーザー獲得をねらう

IBMがローコードプラットホームMendixをIBM Cloudに統合、新しいタイプのユーザー獲得をねらう

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 44 Views

IBMが今日(米国時間1/25)、ローコード開発プラットホームMendixとのパートナーシップを発表した。これによりMendixは、IBMのWatsonなど多くのIoT/AIサービスとともに、IBM Cloudにネイティブで統合されることになる。IBM CloudはそれまでIBM Bluemixと呼ばれていたが、すでにそのころから同社とMendixとのパートナーシップは存在している。

この、新たに進化したパートナーシップによって、IBMはMendixをIBM Cloudに持ち込み、同社自身のツールとのより深い統合を行う。IBM Cloud PlatformのゼネラルマネージャーDon Bouliaによると、IBMのプラットホーム上の既存のデベロッパーたちは必ずしもMendixのようなローコード/ノーコード方式に積極的なタイプではないが、しかし今回のパートナーシップによってIBMは、これまで同社のクラウドサービスを活用できなかったデベロッパーや、なるべく早くプロトタイプを作りたいと願っている高度なデベロッパーなど、新しいデベロッパー集団に訴求できるようになる。

Mendixを同社のクラウドに加えることによってIBMは明らかに、その多様なサービスにさらに多くのユーザーを惹きつけたいと願っている。まず挙げられるのが、WatsonのAIサービスとのディープな統合であり、それはたとえば、Conversationサービスによるチャットボットの構築や、翻訳サービス、テキストの音声変換など、またWatson Tone Analyzerによるテキスト中の感情理解、そしてWatson Visual Recognitionサービスなどだ。Mendixのコネクターキットを使えば、IBMのIoTやブロックチェーンサービスにもアクセスできる。

IBMのIoTやブロックチェーンのAPIを扱うようになれば、Mendixのビジュアル開発ツールの枠を超えて、これらのツールをフル活用することになるだろう。

Mendixは、他のすべてのローコードプラットホームと同様に、アプリケーション開発を10倍スピードアップすると約束している。またIBMは、同社のサービスによってデベロッパーが自分たちのアプリケーションを、コンテナやCloud FoundryのようなプラットホームからIBM Cloudへ容易にデプロイできる、と訴えている。

〔参考記事: Mendix日本語解説

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Frederic Lardinois

この人が書いた記事  記事一覧

  • Datadogが立ち上げたWatchdogは機械学習でクラウドアプリケーションの健康をチェックし続ける

  • Microsoftが全国全世界に複数の事業所のある企業向けにAzureをハブとする仮想WANサービスを提供

  • GitHub Enterpriseと〜Business Cloudのユーザーがオープンソースのリポジトリにアクセスできる

  • API管理のGoogle ApigeeがInformaticaとパートナーしてアプリケーションの統合を充実

関連記事

  • 日本海側、再び大雪の恐れ 車立ち往生など注意呼びかけ

  • カナダの難民政策は国民参加で P.K.ドノバン

  • 「ブラック部活動が企業戦士を生む」学生時代の根性論がもたらす日本のいびつな働き方

  • スリランカ:苛酷な治安法の廃止を

  • 大阪地震で「断水した」。 トイレの流し方について意見飛び交う⇒TOTOのアドバイスは?

  • 少年ジャンプ版のミニファミコンが登場。『キン肉マン』『北斗の拳』など黄金期のゲームが勢揃い