1. TOP
  2. 未分類
  3. クロマティ、日本で会社員になる「これから新しい人生を歩いていきたい」

クロマティ、日本で会社員になる「これから新しい人生を歩いていきたい」

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 58 Views

 1月23日、都内にて「ヒストリーチャンネル」の新番組発表会が開催され、”読売ジャイアンツ史上最強助っ人”ウォーレン・クロマティが登壇。なんと、「ヒストリーチャンネル」の社員として入社したことが発表された。

 A+E Networksグループの歴史&エンターテイメントブランド「ヒストリーチャンネル」では、昨年7月に就任したジョン・フラナガン新ゼネラルマネージャーの新体制の下、ヒストリーブランドのイメージ刷新が進められている。

 そんななか、2018年は「人間の可能性をみよう。」というブランドコンセプトで、数々の日本オリジナル番組を制作。今回のイベントでは、その新ブランド戦略と新番組の内容、そして、かつてプロ野球の巨人軍で人気を博したクロマティの入社について発表されることとなった。

 入団会見ならぬ辞令交付式に登場したクロマティは、日本に戻って仕事をすることにした理由について「東京にはたくさんの友達がいますし、東京が大好きですし、これから新しい人生を歩いていきたいと思ったからです」とニッコリ。「今回の番組(自身が出演する番組『BIOGRAPHY JAPAN』内のモバイル配信コンテンツ『クロウ in 東京』)が楽しみ。番組で、いろんな東京を見て、いろんな人たちと出会って、いろんな人たちを驚かせていきたい」と意気込みを語り、巨大な”辞令書”をゼネラルマネージャーから受け取った。

 また、同発表会には、マルチに活躍の幅を広げるマリエ、人気芸人ブルゾンちえみと母娘役で共演したCMが話題のファッションデザイナー、コシノジュンコ、そして2017年ミス・インターナショナル世界第5位、ミス・ナショナルコスチュームを受賞した筒井菜月ら、豪華なゲストも登壇。

 マリエは、アパレルの歴史に触れるツアーに挑戦する、ファッションとヒストリーを掛け合わせた番組「FASTORY」に、コシノは「BIOGRAPHY JAPAN」第1回目に出演。

 デザイナーとしても活動するマリエは「私のブランドでも、ファッションの歴史や未来、衣服の可能性、日本の技術について若い世代とシェアしていきたいという取り組みをしてきましたので、尊敬するメディアである『ヒストリーチャンネル』でご一緒させていただけることを光栄に思います」と話し、コシノは「番組では2ヶ月くらい熱心に密着していただいた。とにかくワクワクしています」と新番組放送に期待を寄せていた。

テキスト・写真:ayumi

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • トランスジェンダーを公表した女性が、アメリカで初めて2大政党の指名を獲得

  • 西日本応援企画動画「カモンベイビー オカヤマ!!」

  • 「カーモン ベイビー オカヤマ!!」西日本豪雨で行き来が減った地域に「みんな来て」動画が爆誕

  • あの戦争の死者の気持ちを「代弁」できるのか? 思想家が綴った「声なき死者」への思い《終戦の日》

関連記事

  • CTOに大切な3つのスキル

  • ブラックフライデー向けベストテックギフト案

  • 『サタデー・ナイト・フィーバー』から40年、ジョン・トラボルタの現在の姿が話題に

  • サウジのアルワリード王子ら汚職容疑で逮捕――テクノロジー・ビジネスに衝撃

  • 韓国でも#MeToo広がる 女性検事がセクハラ告発、議会、テレビ、航空会社でも…

  • 米国人女性が24年以上凍結保存されていた受精卵で女児を出産