1. TOP
  2. 未分類
  3. LinuxのリーダーLinus TorvaldsがIntelのMeltdown/Spectre対策を“完全なごみ”と酷評

LinuxのリーダーLinus TorvaldsがIntelのMeltdown/Spectre対策を“完全なごみ”と酷評

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 68 Views

つねに歯に衣(きぬ)着せぬLinus Torvaldsは、今でもLinuxオペレーティングシステムの最深奥部分のコードを書き続けているが、今回はIntelに対して、率直な非難の言葉を投じた。彼によると、Meltdown/Spectre問題に対するIntelによる最新の対応(パッチ)は: “完全なごみだ”。そしてこんな疑問文も: “彼らに、お前らは頭がおかしい、と言ってやれる人は一人もいなかったのか?”。

これら一連の悪口は、公開メール〔Linuxカーネル・メイリングリスト〕上で、イギリスに住むAmazonの技術者David Woodhouseとの対話の中で吐露された。その問題自体が(少なくともぼくのような門外漢にとっては)相当ややこしいが、Torvaldsの主張では、それに対するIntelのフィックスは、“基本的に何もしない、しかし要らないことをたくさんしているフィックスの、イカれた実装”だ、という。

そのフィックスは、主にIntelのチップの問題であるMeltdownの対策であるはずだが、しかし単純にそれだけをやるのではなくて、もっといろんなフィックスがあって、それらをユーザーまたはアドミニストレータがブート時にいちいちオプトインしなければならない。そもそもそんなに重大な脆弱性なら、なんで(ユーザーやアドミンに、ブート時に)尋ねたりするのか?  しかも将来のCPUが必要としないと思われる機能に関して、なぜそこまで低レベルの作業をやらせるのか? その選択(オプトイン/アウト)は、良くって不必要、悪ければユーザーの誤誘導ないしパフォーマンスの劣化に帰結するのではないか?

また、同一のパッチにいろんなものを詰め込んでいることに関してTorvaldsは、これまでのソリューションと重複を指摘している。たとえば脆弱性の悪用に対する保護は、GoogleのProject Zeroの“retpoline”テクニックが対応済みだ。

では、なぜやるのか? Torvaldsの推測では、Intelのテクニックの大部分、この場合はIndirect Branch Restricted Speculation, IBRS(間接分岐の予測を制限する)は効率が非常に悪いので、全面展開すると性能劣化が広範に及ぶからだ。そこで、そうする代わりに、メインのMeltdownフィックスをオプションにして、冗長な部分を加え、パッチをいかにもそれらしく見せている。〔IBRSと名付けられたIntelのフィックスについては: 参考文献。〕

Intel本気でこのクソをアーキテクチャにするつもりか? 誰も彼らに、お前らはバカだと言ってやれなかったのか?

彼らは文字通り、イカれたことをしている。まったく、意味のないことをしている。そのために、きみ[Woodhouse]の主張に疑問符がついてしまう。このパッチは、まともではないことを、している。

…彼らの中に、‘王様は裸だ’と言える人がいなかった。意味もなく完全なごみを詰め込む人たちしか、いなかった。こんなことを書くこと自体が、悲しいよ。

Torvaldsの毒舌を諌(いさ)めようとしていたWoodhouseも、最後の方ではTorvaldsの批判を認め、IBRSは“下品で恥ずべきハック”だ、と言っている。“それをオプトインにする正当な理由はない”、とも。

【後略】
〔Intelからの儀礼的形式的なリプライなど〕

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Devin Coldewey

この人が書いた記事  記事一覧

  • Facebookの、真に「目を見張らせる」新しいAI研究

  • 機械は単語に対する深い理解を介して、言語をよりよく学ぶ

  • Googleの翻訳結果が‘字義通りだけど無意味’なので警官の捜索が憲法違反に

  • 最先端のAIは、私たちの3D空間理解に近付いている

関連記事

  • 浦和レッズの愛され「組長」大槻暫定監督 無敗で切り抜けバトンタッチ、埼スタ大拍手

  • どっちが強い?デッドプールとセリーヌ・ディオンが新曲MVの中でまさかの口喧嘩

  • 北朝鮮楽団が公演、「独島もわが祖国」の替え歌 南北融和の意図か

  • 神経系の収斂進化

  • 「世界で最も美しい少女」がすっかり成長!

  • 石巻こども新聞、震災7年を経て再出発。「防災意識や地域愛をはぐぐむ場にする」