1. TOP
  2. 未分類
  3. 「アンチ」を乗り越え「グレー」であることを恐れない| 情報がジャンク化した時代の民主主義

「アンチ」を乗り越え「グレー」であることを恐れない| 情報がジャンク化した時代の民主主義

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 26 Views

なぜ、ウェブメディアやSNSの「情報」だけで、わかりやすい正論や「アンチ」に、「いいね!」だけで応えてしまうようになってしまったのか。賛成か反対か、白か黒か、二元論への批判は何も変えてこなかった。

話を聞いていると正論派もアンチ派も、オフラインの生の実態も特に知ることなしに、論を展開しているのではと思う。もはや「印象」だけであれこれ説いている部分があるのでは.. こうなってしまったのは何故か?

・情報がファストフードのように量産されて消化されることなしに(タイムラインに)「流される」ようになってしまったこと

・誰もが断定的な主張がたった「140字」でできるようになり

・それに対して[いいね]や、リツイートでアテンションを(通知で)「感じられる」ようになったこと

そこに閉塞で不確実な時代状況が重なる。

−情報よりも「情感」を

そんな言葉を教えてくれたのは、文筆家の米田智彦さんだが、いいねする前に立ち止まって「情感」を得るようにして、投稿の「背景」を読むことがますます求められていると思う。

炎上の火元はどこか。

そこで叩かれている「敵」は、仮想にすぎないか。

SNSの印象だけで決めてないか。

果たして、賛成しているあなたのその不満は本当にその「敵」に向けられるべきなのか。

もっと一緒に考えるべき諸悪の根源があるのではないか。

批判対象の個別具体的な事情を知ることなしに、単純化し「わかりやすい敵」を作って「こちら側」の団結を強めることになっていないか。

グローバルシティズンシップを提唱しているネル ノディング(Nel Noddings) はいう。

“We should not need a common enemy to draw us together” (団結するという目的のために共通の敵を作るべきではない)

分断社会を乗り越える市民性とは何か。日本シティズンシップ教育フォーラムの連載でそんな大きなテーマを論考しているが、そこにわかりやすい答えはない。欧米社会にいて「Democracy in crisis (民主主義の危機)」が叫ばれて久しいが、その諸悪の根源に今こそ向き合う必要がある。

同フォーラムのシンポジウムで、民主主義を育むとある小学校の事例紹介を聞く中で、

「異なる他者とのなかで『妥協点』ではなく『浮揚点』を探ること」

という言葉を持ち帰った。

その言葉を借りるのであれば、浮揚点が浮かび上がる民主主義をどう作っていくかということが、今まさに問われている。

英国EU離脱、トランプ政権に投じた有権者層に、暴動で「反発」するのではなく、まずはその背景への理解に努めることをして欲しい。

アイドルでも、ブログでも、NPOの取り組みでも部分的にはアンチでも、その人やブログ、取り組みを自体は尊重してほしい。ウェブ上の文字・投稿だけで見えないオーガニックなものに触れることをまずして欲しい。

そして、白黒はっきりしなくていい。グレーであることを恐れないで欲しい。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 歩道に車突っ込み、9人死亡 G7会合のトロント

  • セクハラ被害者が孤立するのは、法律の不備 緊急院内集会で訴える声 テレ朝記者の被害報告を受けて

  • キャサリン妃、第3子となる男の子を出産

  • 不審者は「星野源に似た男」 地域住民にメール送った警視庁が謝罪

関連記事

  • 叶姉妹・恭子さんがワンダーウーマンのコスプレ披露 完成度高すぎる

  • 大流行のインフルエンザ「マスクをしても予防できない」って本当?

  • 浜崎あゆみ、小室哲哉引退を受けコメント「必ずや歌い継いでいかせて頂きます」

  • LAXIC編集長が変わります! 新旧編集長対談・年の差11歳ママが語り合うワーママのリアル

  • 台風18号 高知県宿毛市付近に再上陸

  • 熊本電力が仮想通貨マイニングに参入、太陽光の余剰発電など活用