1. TOP
  2. 未分類
  3. インドで初のハイパーループ建設計画、実用化路線になる可能性も

インドで初のハイパーループ建設計画、実用化路線になる可能性も

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 54 Views

Hyperloop Transportation Technologies(HTT)が、インド・アマラーヴァティー~ヴィジャヤワーダ間約27マイル(約44km)のHyperloop路線建設契約にサインしたと発表しました。初期計画の立案に約6か月をかけ、その後に建設を開始する予定です。

インド初となるHyperloop計画は総延長約44kmと、これまでに発表された国の計画に比べるとかなり短くなっています。現在、現在の2都市間の移動時間はおよそ70分とされますが、Hyperloopが開通すれば、わずか6分で到着するとのこと。

建設に必要な資金は、アーンドラ・プラデーシュ州の経済開発委員会によると官民パートナーシップで提供されるとのこと。しかしその大部分は民間が負担することになるとリリースには示してあり、最終的には税金のような格好で徴収されることになるかもしれません。

なお、総延長の短さと着工時期などの要因により、このHyperloop建設計画は世界で初めて完成にこぎつける路線となる可能性があります。それはインドにとっては大きな経済利益をもたらすかもしれません。

なお、HTTはアブダビを皮切りに欧州アジアで次々とHyperloopの建設計画を進めていますが、2015年に発表したカリフォリニア州クエイ・バレーのテストコースは、どういうわけかいまだ着工には至っておらず、HTTは世界各国での建設計画締結を優先している模様。これは地道にポッド開発および走行テストを重ねるHyperloop Oneとは対象的なところです。

[Image : Hyperloop Transportation Technologies]

■関連記事

(2017年9月7日Engadget日本版「インドで約44kmのHyperloop建設計画が始動。世界初の実用化路線になる可能性も」より転載)

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大阪地震、土砂災害の危険性が高まる がけ崩れ、地すべりの前兆とは?

  • 地震雲とは? 「大阪地震の前に出現」と情報拡散 ⇒ 専門家は否定

  • 相次ぐ日本列島で震度4以上の揺れ、関連性は?

  • 大阪地震、19日に入り震度3以上の余震が複数回発生

関連記事

  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がすでに達成した記録の数々

  • ポルトガルの超高速開発ツールOutSystemsが、KKRならびにゴールドマンサックスから3億6000万ドルを調達

  • Amazon、『ロード・オブ・ザ・リング』TVシリーズの制作に約500億円を超える予算を投入!?

  • これが惜しい、日本の成人式

  • セリーナ・ウィリアムズ、第一子の女児の名前を明かし話題に

  • 翁長雄志知事が退院、膵臓がんステージ2を公表 公務復帰に意欲