1. TOP
  2. 未分類
  3. メルカリが年内にも仮想通貨交換業の登録申請へ――フリマアプリ内での決済に対応

メルカリが年内にも仮想通貨交換業の登録申請へ――フリマアプリ内での決済に対応

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 20 Views

2017年11月に設立されたメルペイ。メルカリが金融関連の新規事業を行うために立ち上げた子会社だ。同社の代表取締役には元グリーCFOの青柳直樹氏が就任し、役員には元WebPayのCTOでLINE Pay事業を経験した曾川景介氏らが名を連ねるなど注目を集めている。

今まで事業の詳細については明らかになっていなかったが、年内にも仮想通貨交換業の登録申請をして、メルカリ内の決済手段としてビットコインを含む仮想通貨に対応していくようだ。

これについては最初にITproが報じている。同記事によるとメルカリではメルペイを通じて2018年中にも仮想通貨交換業の登録を目指し、主要な仮想通貨を決済手段としてフリマアプリに組み込む方針だという。ICOにも興味を示しているということだから、独自のトークン(コイン)を発行しメルカリ経済圏を広げていく狙いがあるのかもしれない。

メルカリ広報に今回の背景について聞いたところ「仮想通貨についてはまだ社会的なルールを整備している段階と認識している。ただ、メルペイでは新技術を取り入れ色々な可能性を検討したいので、申請しておこうと考えた。まずは簡単に使える環境づくりからと考えている」という回答があった。

本件については新たなプロダクトをリリースするのではなく、メルカリ内の決済手段として仮想通貨に対応する。また具体的な内容は検討中であるものの「国内で6000万強のダウンロード数を持つメルカリの顧客基盤と取引データを活かした金融サービスを展開する予定」(メルカリ広報)だという。

なお昨年12月26日時点で、bitFlyerやQUOINE、テックビューロなど16社が仮想通貨交換業者として登録が認められている。

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

masumi ohsaki

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日産とDeNAが次世代交通サービス「Easy Ride」の実証実験へ、無人運転車両を活用

  • DeNAがライブ配信の「Mirrativ」を分割、プロデューサーの赤川隼一氏が新会社で運営

  • ストリーミングがダウンロードに肉薄、2017年の年間音楽配信売上

  • AOKIがビジネスウェアの定額レンタルサービスを4月から開始、専門スタッフがコーディネート

関連記事

  • 本日公開!映画『エイリアン:コヴェナント』を観る前に知っておきたい6つの事(前編)

  • ヨーロッパのUberに打撃、EUの最上級審が交通サービスだと裁定

  • Instagramがストーリーのスクリーンショット通知機能をテスト中

  • 「あれ?今21世紀だよな?」 藤井隆がパロディした90年代風CMが面白いし、懐かしい

  • 海外メディアが驚愕 ⇒ つくばエクスプレス、20秒早く出発して謝罪

  • 「真の青色」のキクが誕生!