1. TOP
  2. 未分類
  3. 『ワンダーウーマン』、続編は「全く新しい冒険になる」とパティ・ジェンキンス監督が明かす

『ワンダーウーマン』、続編は「全く新しい冒険になる」とパティ・ジェンキンス監督が明かす

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 49 Views

Filed under: , , , , ,

どうやら『ワンダーウーマン2』では、何らかの新しい展開が期待できそうだ。


2017年公開の前作に引き続き監督を務めるパティ・ジェンキンスがパームスプリングス映画祭に登壇し、エンタメ情報サイト『ET』とのインタビューで続編について「全く新しい冒険になる」と断言した。お馴染みの要素を踏襲しつつも、新しい冒険になるという。

「ファンの皆様に愛されているお馴染みの要素はそのままに、全く新しい作品を制作しています。次回作は単なる『2』ではありません。新しい冒険を描けることはまたとない幸運です」とジェンキンス監督は語る。

ジェンキンス監督が考えるストーリーであれば、きっと面白くなるに違いない。『ワンダーウーマン』はDCエクステンデッド・ユニバースの作品の中でも特に高い評価を得ており、2017年のBox Officeでは3番目の興行成績を挙げた。さらに映画評価サイト『Rotten Tomatoes』では批評家から92パーセント、観客から88パーセントの高得点を得ている。

ジェンキンス監督は前作に続いて主役を務めるガル・ガドットにも太鼓判を押している。ガドットは、エンタメ系情報サイト『EW』とのインタビューで、ワーナーブラザース映画が高額の報酬でジェンキンス監督に続投を依頼し、同監督がこれに承諾していることについて語っている。

ガドットは、「ワーナーブラザースの経営陣は賢明であり、経営陣は監督に感謝を伝えている。誰も監督の功績を奪おうとはしなかった。監督が素晴らしい映画を作ったことは確かだし、監督がそれに見合った報酬を得るのは当然のこと」と語る。

『ワンダーウーマン2』も成功が期待できそうだ。全米での公開は2019年11月1日予定。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • イーロン・マスク氏の偽物に注意。「お詫びに40億円分の仮想通貨をプレゼント」のサイトに誘導

  • 岐阜県多治見・美濃で40℃到達 5年ぶりに記録

  • 可愛すぎる「容疑者」を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

  • 可愛すぎる容疑者を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

関連記事

  • 先行組合の結果を追い風に 力強く「底上げ春闘」を進めよう

  • 正しい不登校のやり方。 明日、学校に行きたくないキミへ。

  • 世界で最も収入の高い君主ランキングが発表!

  • 深田恭子「けん玉」できるかな 「キュン死」動画が100万回再生

  • マスコミが報じる「安室奈美恵」は、2001年で止まっている。

  • 英国秘密工作員「ジェームズ・ボンド」命名の由来