1. TOP
  2. 未分類
  3. クリスチャン・ベイル、『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画へのオファーがあった事を認める

クリスチャン・ベイル、『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画へのオファーがあった事を認める

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 58 Views

Filed under: , , , , ,

『ダークナイト』3部作のバットマン役などで有名なクリスチャン・ベイルは、『スター・ウォーズ』ハン・ソロのスピンオフ映画『Solo: A Star Wars Story』(原題)(2018年全米公開予定)でウディ・ハレルソンが演じることとなったハン・ソロの師匠、ベケット役のオファーを受けていた事をポッドキャスト番組『the Happy Sad Confused』で認めた。


このオファーについて、ベイルがポッドキャストで話した内容は以下の通り。

「(出演の話は)すごく魅力的だったよ。子供の頃から大好きな作品だし、キャスリーン・ケネディとフランク・マーシャルとは『太陽の帝国』以来、長年にわたる、とても長い付き合いがある。確かに出演の話し合いをした。今後も話があることを願っている」

「『スター・ウォーズ』の大ファンだ。面白い作品だよ。ミレニアム・ファルコンは今でも大好きだ。AT-ATもね。僕の娘の初恋の相手はダース・ベイダーだった。ダース・モールにも憧れてた。ディズニーランドで娘がダース・ベイダーのそばに立ったら、彼がうなって、キャラクターになりきってくれた。すばらしいパフォーマンスだったけど、娘は小さかったから、『これは怖がらせちゃっただろうな、マズいな』と思った。だけど、娘は『パパ、恋しちゃった』って言ったんだ」

さすがスーパーヒーローの娘である。

また、ベイルは、バットマンにはそれほど関心がなかった事も打ち明けた。ベン・アフレック版のバットマンをまだ見ていないらしいが、DC映画に出演するアフレックに、一応「興味はある」そうだ。

クリスチャン・ベイルの新作『Hostiles』(原題)は、全米で絶賛公開中(日本での公開は未定)。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ルイ・ヴィトン」のショーは、男泣きで幕を下ろした。 長い長い、虹色のランウェイに込められた意味とは。

  • 厄介で大嫌い…のはずだった入学式。なんだかおかしなことが起きた

  • クリス・プラット、MTVアワードの受賞スピーチで下品なネタを投下

  • 東京芸大がミスコンを中止 「企画してしまったことを浅はかであったと痛感」

関連記事

  • サッカー日本代表が発表、ネットでは「サプライズゼロ」の声 若手落選、ベテラン優遇…

  • J・K・ローリング、『ハリー・ポッター』のキャラクターを殺したことを今年も謝罪

  • 「稼げる農家を増やしたい」 嫁ターンした男性が、野菜の加工品で地域と向き合う

  • 不発に終わった米露「北とウクライナ」の「秘密取引」–名越健郎

  • ブラック企業大賞2017、ノミネート発表 「NHK」「ヤマト運輸」「パナソニック」など9社

  • 海賊版サイトへのアクセス遮断要請に反対 大学教授ら緊急提言(全文)