1. TOP
  2. 未分類
  3. Google CloudがプリエンプティブなGPUをローンチ、料金は50%安

Google CloudがプリエンプティブなGPUをローンチ、料金は50%安

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 65 Views

Google Cloudが今日(米国時間1/4)、プリエンプティブなGPUのローンチを発表した。GoogleのプリエンプティブVMやAWSのスポットインスタンスなどと同様に、これらのGPUも相当な低料金で利用でき、しかし preemptibleの名のとおり、Googleがそのリソースを必要とするときにはいつでもシャットダウンされる。ユーザーはそのとき、30秒の警告をもらうだけだ。またこのプリエンプティブGPUは、最大24時間しか利用できない。

使用できるGPUは、Google Cloudプラットホームが今提供しているNVIDIA K80とNVIDIA P100だ。料金は1GPUあたり、K80が1時間0.22ドル、P100が0.73ドルだ。それプラス、VMの料金もあるだろう。その場合の料金もプリエンプティブVMの料金になるが、こちらはGPUのワークロードが終わる(またはGPUシャットダウンの警告が出る)まではシャットダウンされない。

Googleによると、これらのプリエンプティブなGPUは、フォールトトレラントな機械学習など、バッチで処理される計算集約的なワークロードに適している。Googleのマネージドインスタンスグループ機能を併用すれば、ダウンしたあとでもプリエンプティブなインスタンスを自動的に再生成できる。

Googleは今日の発表のわずか数か月前に、通常のGPUを大幅値下げしている。

またGoogleのリリースノートによると、GPUは今ではGoogle Cloudのアメリカ中部リージョンでも利用できる。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Frederic Lardinois

この人が書いた記事  記事一覧

  • ドライブも他のプロダクトも全てサポートするGoogle One一般公開――まずアメリカ、順次世界へ拡大

  • Trulia、引越し先のご近所情報をクラウドソーシングで提供するツールを開発

  • FirefoxやFacebookなどがインターネットの新しいセキュリティプロトコルTLS 1.3をすでにサポート

  • Nvidiaの新しいハイエンド、TuringアーキテクチャはリアルタイムのレイトレーシングとAIを合体

関連記事

  • 少年ジャンプ版のミニファミコンが登場。『キン肉マン』『北斗の拳』など黄金期のゲームが勢揃い

  • 収納サービス「サマリーポケット」運営が住友商事から5億円の出資、物流とマーケティング面でも協力

  • Googleの “Fast Pair” がAndroid端末以外でも利用可能に

  • Lyftの調査で、その利用者のうち25万人が2017年に自家用車を手放したことが明らかに

  • 新春を寿ぐ銘菓~亀末廣『京の十二月』〔後編〕

  • 日本はゾンビおじさんたちに占拠されている【これでいいの20代?】