1. TOP
  2. 未分類
  3. SpaceXの新しい巨大ロケット、Falcon Heavyが発射台に姿を現す

SpaceXの新しい巨大ロケット、Falcon Heavyが発射台に姿を現す

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 109 Views

衛星打ち上げで順調に成功を重ねているSpaceXだが、新しいFalcon Heavyロケットのテストフライトに向けての準備も進んでいる。Falcon Heavyは地球低軌道に大重量のペイロードを運び上げることを目的としたヘビーデューティー・ロケットだ。1段目には従来のFalcon 9のブースターを3基束ねたものが用いられている。テスト発射は向こう数週間以内にフロリダ州ケープカナベラルの施設から行われる。

Falcon Heavyは昨年暮にケープカナベラルに到着していたが、いよいよ発射台に垂直に設置された姿を表した。発射を控えて詳細なチェックが行われているところだという。SpaceXは新ロケットのをドローンで撮影した驚くべきビデオと発射台上の巨大ロケットの姿をクリアにとらえた新しい映像を公開した。

Falcon Heavyの発射時推力は226トン以上。これはボーイング747旅客18機の最大推力に匹敵する。現在運用されるものとしては2位を2倍以上回って世界最大のロケットとなる。

Falcon Heavyのトップには大きなカーゴポッドが装着されFHのロゴがはっきり読み取れる。われわれがよく知っているとおり、ペイロードはイーロン・マスクの愛車、チェイリーレッドのTesla Roadsterだ。 実験が成功すればFalcon Heavyはイーロン・マスクの野心的ビジョン、火星植民を実現するために用いられることになる。

しかし今回はなんといってもFalcon Heavyの最初の打ち上げの試みであり、すべてが計画どおりに進まない可能性は十分にある。マスク自身、超特大の火の玉が中継される可能性を認めている。いかにシミュレーションを繰り返そうと、実際の打ち上げはコンピューターが予言するのとは何かしら違ったコースをたどるものだ。

  1. 38583829295_8ceaa73c42_k.jpg

  2. 38583829815_4e375ba0ce_k.jpg

  3. 38583830575_6d03f39ea5_k.jpg

  4. 38583831555_5931f05b07_k.jpg

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Darrell Etherington

この人が書いた記事  記事一覧

  • Einrideの自動運転トラックはNvidiaを搭載、今秋出荷を開始

  • Uberの自動運転車はNvidiaのDriveコンピューティングプラットホームを使っていなかった

  • Uberはアリゾナ州の路上の自動運転車のテストを禁じられた

  • イーロン・マスクのThe Boring Co.の次の商品は、トンネルの岩から作られた大きなレゴブロックになる

関連記事

  • 「男女平等は決して、自動的には達成できない」スウェーデンの閣僚が語る3つの転機

  • CES 2018の内容を予想する――出展者リスト、噂、トレンドを総合

  • スズキのコンパニオン、超絶技巧に注目集まる(東京モーターショー2017)

  • 海洋浄化のスタートアップを育てたいSustainable Ocean AllianceにPineapple Fundが$1Mを投資

  • 「清華大学顧問」という名の国際的「習近平ブレーン」の顔ぶれ–樋泉克夫

  • 次期Chromeは耳障りなビデオ自動再生を無音化へ――Googleが機能とポリシーを変更