1. TOP
  2. 未分類
  3. 2017年に米国で流行ったユニーク過ぎる3つのフードトレンド

2017年に米国で流行ったユニーク過ぎる3つのフードトレンド

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 56 Views

Filed under: , ,

2017年は、新し物好きな人たちにぴったりのフードトレンドが米国でたくさん登場した。


唐辛子入りのスニッカーズ「Fiery」味や、シリアル「ラッキーチャームス」のマシュマロだけのバージョン、実際に何の味かは謎に包まれたオレオ「ミステリー」味もかなり斬新だったが、ユニークさにおいては、今回ご紹介する以下の3つにはかなわないだろう。

米国で流行ったユニーク過ぎる3つのフードトレンド

その1 ユニコーン・フラペチーノ(スターバックス)

Alex Laskerさん(@stateof_alaska)がシェアした投稿

ユニコーンブームが話題を呼んだ昨年。とってもカラフルなメニューがスタバから4月に期間限定で登場した。ドリンク自体は、マンゴーシロップとクリームフラペチーノをベースに、酸味あるブルーのシロップを加え、ホイップクリームにピンクとブルーのパウダーを振りかけたものだが、まさにインスタ映えを追求したメニューだった。

その2 Flamin’ Hot Mac & Cheetos(バーガーキング)

Matt Zionさん(@mattzionwe)がシェアした投稿

日本でも馴染みのあるバーガーキングとチートスのコラボ商品。米国では定番のメニューであるマカロニ・アンド・チーズに、米国で大人気のチートス「Flamin’ Hot」味のスパイシーな衣をまとわせたひと口サイズのサイドメニューだ。

その3 Frork(フローク)(マクドナルド)

@leannetaylor6がシェアした投稿

日本でも期間限定で当たりが出たら貰えるキャンペーンが実施されていたので、こちらはご存知の方も多いはず。Frork(フローク)は、シリコンのボディにフライドポテトをはめて使う「食べられるフォーク」。説明書に「USELESSLY USEFUL!(無駄に便利)」と書いてあったように無意味で、ネタでしかないアイテムだが、米国で5月にこれが提供されるや否や大きな話題を呼んだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • "ソウルの女王"アレサ・フランクリンが危篤「長いこと調子の悪い状態が続いていた」

  • 地域医療構想と機能分化から、世界で勝負できる病院を

  • 病院総合医とキャリアパス―マネジメント人材の育成につながるか

  • 環境部が主導する新しい大韓民国

関連記事

  • 毎週欠かさずメイクをする男性上司に、ビジネスのための「メイク」について聞いてみた

  • 新たなステージへ 誰もが生き生き働ける職場をつくろう

  • 「雨くらいじゃ傘はささない」 ズボラな私は、4年間朝ごはんを作り続けた。

  • ベッドの下に潜む猫の一家を発見!メロメロになった家主のツイートが大きな話題に

  • 高須克弥院長、アメリカ美容外科学会から追放か 高須氏は「まだ何の連絡もない」

  • Lyft曰く、売上成長率はUberの3倍