1. TOP
  2. 未分類
  3. イギリスの住宅に突き刺さった“サメ” 「原爆投下の批判」という深い意味があった

イギリスの住宅に突き刺さった“サメ” 「原爆投下の批判」という深い意味があった

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 75 Views

1986年8月、当時イギリス・オックスフォードの集合住宅に住んでいたビル・ハイネさんは、屋根の上に巨大なサメの造形物を設置した。

2013年10月26日、オックスフォード

このサメの長さは約7.6mだ。このサメはジョン・バックリーという彫刻家が繊維状ガラスを使い、米国のリビア侵攻に抗議する意味で作ったものだった。

以降、ビル・ハイネさんが自宅の屋根に、サメの頭がはまった形で設置したのだ。彼は、米軍の広島・長崎原爆投下を批判する意味でサメを設置したという。頭から屋根に突っ込んだサメの姿が、爆弾が刺さったように見えるのは、そのためだ。

それから30年が過ぎた。この間、”サメ”は街を訪れる観光客に人気のフォトスポットとなった。

2013年10月26日、オックスフォード

イギリス「テレグラフ」によると、オックスフォード市会議員らはサメの造形物を嫌がり、設置許可を出さないようにしたという。

しかし、当時イギリス環境省大臣だったマイケル・ヘーゼルタイン氏が、このサメを守るために乗り出し、その後、建造物として認められたという。

イギリス・オックスフォード

そして2018年、このサメの造形物はオックスフォード市の地域文化財として、公式に指定される見通しだ。現在、白血病闘病中の72歳のビル・ハイネさんも、文化財に登録するキャンペーンを歓迎したという。

ハフポスト韓国版から翻訳・編集しました。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • イーロン・マスク氏の偽物に注意。「お詫びに40億円分の仮想通貨をプレゼント」のサイトに誘導

  • 岐阜県多治見・美濃で40℃到達 5年ぶりに記録

  • 可愛すぎる「容疑者」を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

  • 可愛すぎる容疑者を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

関連記事

  • Facebook曰く、Cambridge Analyticaの不正に気付かなかったのは「古いタイプの脅威」に集中していたから

  • TOKIO山口達也問題、なぜ幹部は会見しない? ジャニーズの対応に強まる批判

  • 「カタルーニャ州独立」への試金石となった「バルセロナ・テロ」–大野ゆり子

  • 小平奈緒と李相花、金銀コンビはこんなに仲良し。Instagramでライブ配信したよ

  • 「どうしたら、情報を効率よく処理出来ますか」

  • カンニング竹山、亡き相方の命日につぶやく。「最近のガキは俺らの事は知らんらしい。 時代やな」