1. TOP
  2. 未分類
  3. 【美術×大学×社会のオルタナティブを探す、「無為」の試み in CSLAB 】※English title below

【美術×大学×社会のオルタナティブを探す、「無為」の試み in CSLAB 】※English title below

未分類
この記事は約 18 分で読めます。 84 Views

VS?C

【English below】

学生が主体となって学びのプログラムを提案・運営する、東京造形大学のCSLAB

今回、私たちVS?Collectiveは、CSLABと共に/にて、「オルタナティブ・オープンキャンパス」を共催した。

以下にイベントレポートを掲載し、歩きながら語ることを通して見えてきた、「芸術と社会の在り方」のこれからの選択肢とその方向性について、考えられたことを記録する。by Aki iwaya

イベント趣旨:

美術×大学×社会のオルタナティブな在り方を探る試み。2017/12/19(火)12:00~16:00 ※イベント詳細 

企画・進行/VS?Collective

イベントダイジェスト:

日本とインドネシアの「アートと社会の距離」について、滞在リサーチを行 なったAki iwaya&角尾慶喜(VS?Collective)によるミニレクチャーで幕をあける。はずが、まずは草サッカーでウォーミングアップ。コントロールを誤っ たボールがラボの外へと転がり出たのを機に、道ゆく学生にリターンパスを お願いするとナーイスパス!の声、ぱちぱちぱちといった拍手が響いてキックオフされたミニゲームでは「あの上手いやつを潰せ!」といった声も飛び 交っている。私のオウンゴールで敗戦し、大汗を拭いながらラボ内に移動する。

 

インドネシアの芸術/大学都市ジョグジャカルタにおいて、両国の作家を招い て滞在制作や言語交換を行うスペースを運営する「ASP」の横内賢太郎さんとビデオチャットでの対話が始まる。

彼我の違いについての詳細は回を改め詳述する予定だが、社会を構築する諸 条件が好対照といえる二つの視点を経験した横内さんから、多くの情報提供をいただいた。(1998年まで、2人以上の集団で行動することが禁じられた インドネシアでは、政権が交代して以降コレクティブ(集団)形態による実 践がジャンルを超えて繁茂したこと。それから20年が経過して、現在の若い 世代との間には様々な面で意識の違いが生まれていること等) 質疑応答では、インドネシアでは明確な目的を持たなくとも集っていいスペー スと時間があり、そうした「無為の時間」から創発的なプロジェクトや作品 が生まれていること、その背景には安い賃料があることが指摘された。また、 ジョグジャカルタの美術大学でのカリキュラムはアカデミックな傾向があること、親は自分の子供が美大に進学することに心配するケースもあるという話も出た。

 

外は太陽に見守られているようで、散歩に出かけてみる。代々木公園に15年 ほど居住する小川てつオさんと、大学内をあらかじめ決められた以外の方法で活用するアイデアがないか、観察し、 幻視しながら、うろつく。もちろんボールも一緒だ。始発で来校して屋外で 製作する学生は、場の使用許可を申請している。冬枯れの道を進み、ハシゴ を登ってみればそこには、抜け道や結界をこしらえて秘密の通り道やスペー スを見出す実践、そして「女の子」がとても高い場所に家具を持ち込んでいるという噂?にも遭遇。大声で「ヤッホ〜」の挨拶を交換し、(by Aokid )、途中合流&離脱を何度か経た頃、陽は次第に/ようやく低まっている。

ラボに帰ればコーヒーや持ち寄りのお菓子もあるし、ちょっとみんなで話してみようか。(by CSLAB管理人/小山友也 )

  • アートには、うやむやに「拡張」する昨今流行りのやり方以外にも「収縮」させるという使い方もあるのではないか?
  • 一つの運動体が継続していくために、創設者と次代の温度差の温度差につ いてどう考えるか? それでもネットワークとバトンが、つなぐ可能性について。
  • だから、無為の時間について。それが関係を含めた「何か」を構築するのかもしれない。

「予定時間」を1時間ほど延長して意見を交換し合う。互いの声の聞き取りにくくなってきたラボ内は、ダンスイベントの設営に入っている。どうやら散会の時間がやってきたようだ。

まとめないまとめ/考えられる選択肢の方向性:

・作品製作と生活の分断が、芸術と社会の関係性に大きな影響を与える。この分断こそは、「芸術は一体、何のためにあるのだろうか?」という根本的 な問いを呼び起こす。 (個人的な仮説=芸術は可視化する、だから芸術は波を立て、摩擦を引き起こす)

・都度変化し続ける社会に対して、タイムラグを最小限に反応すること。そ のためには、その社会の諸条件を確認する必要がある。(人口ピラミッド、 芸術の立ち位置、教育の優先順位及びゴール)

・ささやかでも「オルタナティブ・オープンキャンパス」という一つの場が 確かにそこに生起した。その記録。そしてこの記録をどう扱うか、バトンす る責任をここに記す。蚕食を半ば望んで、散種する。

今後の予告:

・社会とアートの「オルタナティブ」な関係とは? (そもそも「オルタナティブ」を決定する関数とは何か?誰が/どういった要因が決定するのか?)

・1980年以降の日本における、アートと社会の「オルタナティブ」な実践の編年的素描。

・東京や東南アジアでの「オルタナティブ」な実践の紹介(ex インドネシア やソウル「スユ+ノモ」の滞在レポート)

・ハフィントンポストでの公開漫談イベント

・VS?Collectiveの企画したイベントレポートほか

※CSLABとは?

東京造形大学内にある学生自主創造センター。学生たちが自ら学ぶ事 を捉え直し、実践するための場。 「わがままなまなび」を合い言葉に学生が中心となって、これまでに無い授業を行ったり、シンポ ジウムやワークショップ、作品展示やパフォーマンスを行うなど、 領域を超えて自由な発想で活動し、自分たちの望む教育を大学に提 案してゆきます。 企画、運営は学生が行います。 (HPより)

VS?Collectiveとは?

現在の世界から押し付けられた選択肢に対して、もう一つの選択肢(=オルタナティブ)を実践・提示するイベント・翻訳・映像・批評等の制作集団。

様々な実践を持ち寄り蓄積していくことで、仕事やネットワークを共有し、また次の選択肢を打ち出すサイクルを回していきます。

ただし、仮想敵を作ることで結束を図る(=「VS」)安易な発想への、絶え間ない「?」と共に。

【Art x University x Social alternatives, “trial of idleness” in CSLAB 】

Tokyo Zokei University’s Cslab to propose and run a program for students to learn by students.

This time, we VS?Collective co-sponsored the “Alternative Open Campus” with / in Cslab.

The following event reports are recorded, and the idea of the future choices and the direction of “the way of Art and society” which has been seen through talking while walking around.

written by Aki iwaya

Event Purpose:

An attempt to explore the alternative state of art × University and society. 2017/12/19 (Tue) 12:00-16:00

Planning / VS?Collective

Event Digest:

The curriculum starts with a mini lecture by Aki iwaya & Yoshi tsunoo (VS? Collective) who conducted a staying research on “distance between art and society” between Japan and Indonesia. It should be, but first warming up with sandlot soccer. In the practice game which was kicked off with clapping of the voice of Nice Pass! and, such as the voice of the off, “Crush the good guy!” The voice is also swirling. I was defeated by my own goal and moved into the lab wiping the sweat.

In Indonesia Art/university City of Yogyakarta, the dialogue begins with video chat with Mr Kentaro Yokouchi, the “ASP”, which runs the space to create a stay and language exchange with writers from both countries.

The details of the difference of each are scheduled to be detailed, and a lot of information was received from Mr. Kentarou Yokouchi who had experienced two viewpoints where the condition to which the society was constructed was a good contrast. (In the Indonesia, which was forbidden to act in more than two groups until 1998, the practice of collective form has been flourishing beyond the genre since the administration took turns. After that, twenty years have passed, and there is a difference of consciousness in various respects between the young generation and the present, etc.) in the question and answer, there is a space and time which can be collected without a clear purpose in Indonesia, and It was pointed out that there was a cheap rent in the background of the project and the work that emergent was born from “time of no doing”. In addition, the curriculum at the Art University in Yogyakarta has a tendency to be academic, and parents have also said that there are cases in which their children are concerned about going on to the great beauty.

The details of the difference of each are scheduled to be detailed, and a lot of information was received from Mr. Kentarou Yokouchi who had experienced two viewpoints where the condition to which the society was constructed was a good contrast. (In the Indonesia, which was forbidden to act in more than two groups until 1998), the practice of collective form has been flourishing beyond the genre since the administration took turns. After that, twenty years have passed, and there is a difference of consciousness in various respects between the young generation and the present, etc.) in the question and answer, there is a space and time which can be collected without a clear purpose in Indonesia, and such ” It was pointed out that there was a cheap rent in the background of the project and the work that emergent was born from “time of no doing”. In addition, the curriculum at the Art University in Yogyakarta has a tendency to be academic, and parents have also said that there are cases in which their children are concerned about going on to go.

Outside seems to be watching by the sun, we go out for a walk . we observe and wander about the idea to utilize the inside of the university in a way other than preliminarily determined with Mr Tetsuo Ogawa who living in Yoyogi metropolitan park for about 15 years. Of course, the ball is also together. Students who come to the station by the first train and produce outdoors are applying for permission to use the field. Proceed along the road of winter, and If you go up the ladder of withering and climb, you will find a secret path and a space to make a loophole and a barrier, and the rumor that “girl” is bringing furniture to a very high place. When the greeting of “Yahooo ~” was exchanged loudly, (by Aokid), and it had passed several times in the middle and the withdrawal of touring, the sun gradually/finally declined.

If you go back to the lab, you’ll have coffee and some snacks, so let’s talk about it for a moment. (by Cslab Manager/Yuya Koyama )

In the art, there is also a way to “shrink” other than the popular way of doing “expansion” over and over again?

How do you think about the temperature difference between the founder and the next generation in order to keep one moving body continued? Even so, about the possibility that the network and the baton might connect.

That’s why​​​ about the time of idleness. It may build something interesting things, including relationships.

Exchange opinions by extending the scheduled time to an hour. The lab, which has become difficult to hear each other’s voices, has been set up for dance events. Apparently, the time of the break-up seems to have come.

Summary not summarized or as possible directions:

· The division of creation and life has a great influence on the relationship between art and society. This division is evoked the fundamental question of “What is art as it is for?” (Personal hypothesis = art visualizes, so art creates waves and causes friction)

· To respond to the society that changes every time, minimize the time lag. For that purpose, we need to confirm the conditions of the society. (Population pyramid, standing position of art, educational priorities and goals)

· There was definitely a place called “Alternative Open Campus” even in a modest manner. That record. And here is the responsibility to handle this record, how to handle the baton. Wish for a moment of inroads and spread.

Future notice:

· What is the “alternate” relationship between society and art? (What is a function that determines “alternative” in the first place? Who / what factors decide?)

· Annual drawing of “Alternative” practice of art and society in Japan since 1980.

· Introduction of “alternative” practices in Tokyo and Southeast Asia (ex stay reports in Indonesia and Seoul “Suyu + Nomo”)

· Stund up talk event at HuffPost tokyo.

· VS? Collective’s planned event report etc.

※ What is CSLAB?

Voluntary creative center for students at Tokyo Zokei University. A place for students to grasp what they learn and practice. Students center mainly on ‘self-motivated learning’, acting with freedom of thought beyond the domain such as doing less classes, performing symposiums, workshops, exhibitions and performances, etc. We will propose the education they desire to the university. Students will do the planning and management. (From HP)

※ What is VS? Collective?

Production groups such as events, translations, images, critiques, etc. that practice and present another option (= alternative) against the options pressed from the present world.

By bringing in and accumulating various practices, we will share a work and network, and we will continue to cycle through the next choice.

However, together with constant inquiry “?” Toward easy-to-understand idea (“VS”) trying to unite by making virtual enemies.

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2大ヒーローのイカした競演。甑島列島のイカ干し機を見ていると、胸が熱くなる(動画)

  • 序盤・中盤・終盤、隙のない豊島八段が羽生竜王を破り「棋聖」に。平成生まれ3人目のタイトルホルダー

  • 妊娠後期〜育児にFire TV Stickが大活躍した話:ワーママのガジェット育児日記

  • アディダス「再生プラスチックだけを使う」と表明 2024年まで目標

関連記事

  • その仕事が自分に向いているのかは「考えない」 挑戦する企画部マネージャー

  • スーパーマリオパーティは複数のSwitchをつないで画面を拡大する

  • ウォンテッドリーがAIやロボティクス分野でシード投資、「Wantedly AI/Robot Fund」立ち上げ

  • "フェイスブック、グーグルはメディア"、英政府が規制強化を検討

  • 【平昌五輪】ヒラリー・クリントンが特に注目しているオリンピック選手とは?

  • 全日空機、離陸直後に「非常事態宣言」か ⇒ 中国・広州に引き返す