1. TOP
  2. 未分類
  3. 未婚率は本当に上昇していないのか?:研究員の眼

未婚率は本当に上昇していないのか?:研究員の眼

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 99 Views

Moment RF

拙稿(2016)では、国勢調査の結果を用いた未婚率の推移の比較から、2010年から2015年にかけて20代の未婚率および生涯未婚率は上昇しているものの30代の一部では低下するなど、未婚化・晩婚化といった流れに歯止めがかかりつつあるように見受けられることを指摘した(*1)。

一方で、人口動態統計から婚姻の状況についてみると、平均初婚年齢は依然として上昇傾向にあり、2010年から2015年にかけては男女とも0.6歳の上昇となっていることから、少なくとも晩婚化の進行は続いているようである(図表1)。

果たして未婚率は本当に上昇していないのだろうか。

国勢調査から配偶関係別の構成比をみると、2010年から2015年にかけて男女とも「未婚」、「有配偶」が減少し、「死別」や「離別」が増加しているものの、配偶関係「不詳」は「死別」、「離別」以上に増加している様がみてとれる(図表2)。

同様に、年齢階級別の構成比をみると、男女とも「年少人口(15歳未満)」および「生産年齢人口(15~64歳)」が減少し、「高齢者(65~74歳、75歳以上)」が増加する中、年齢「不詳」も僅かながら増加していることがわかる(図表3)。

そこで、2010年および2015年の国勢調査を用いて、性・年齢階級別、配偶関係別、世帯類型別の人口統計より、年齢階級、配偶関係、世帯類型について「不詳」をそれぞれの構成比にあわせて按分し、推定未婚率を算出(*2)した。

その結果、全国の2015年の未婚率についてみると、15歳以上人口全体では男性で33.5%と、「不詳」按分前に比べ2.6pt高く、女性でも24.2%と1.5pt高くなっている(図表4)。

同様の手順で不詳を按分した2010年の未婚率は、それぞれ32.9%、23.8%となっていることから、この5年間では未婚率は低下しておらず、むしろ男女とも僅かながら上昇する結果となっている。

2015年の未婚率について年齢階級別にみると、不詳を除く結果では男性の30~34歳では44.7%と半数を下回っていたものが、不詳按分後には50.3%と半数を超えており、生涯未婚率は22.8%が不詳按分後には25.0%と、4人に1人が未婚という結果となっている(*3)。

また、女性でも不詳を除く結果では30~34歳で33.6%であったものが、不詳按分後には37.2%となっており、生涯未婚率は15.1%と6~7人に1人が未婚という結果となっている。

このように、国勢調査における年齢階級や配偶関係、世帯類型の不詳を按分したことにより、不詳を除く按分前の結果に比べ、男女とも30代以下の若年層を中心に未婚率が上昇する結果となっている。

また、同様に不詳を按分した2010年の結果との対比では、前述の通り按分前には未婚率の低下がみられていた30代の一部においても2015年にかけて未婚率が高まる結果となっていた。

不詳按分後の結果が必ずしも真の未婚の状況を表しているとは限らないものの、こうした結果は、この5年の間にも未婚率は上昇を続けていた可能性があることを示している。未婚化・晩婚化の進展については、依然として予断を許さない状況にあるといえるだろう。


(*1) 井上智紀(2016)「未婚化・晩婚化はどこまで進む?-国勢調査からみる未婚率の状況」『研究員の眼』2016年8月16日

(*2) 総務省統計局が公表している「国勢調査」の未婚率では、年齢、配偶関係の「不詳」を按分しているものの世帯類型の「不詳」は考慮されていない。しかし、年齢、配偶関係がともに「不詳」となっている者の大半が世帯類型では単独世帯である上、50代以下の単独世帯では過半が未婚であることを鑑みれば、総務省統計局における公表値は過小推計となっている可能性があるものと考えられる。(実際に、本稿における推定未婚率は総務省統計局の公表値に対し最大で3ポイント差となっている)。

(*3) 過去から一貫して最も未婚率が高い東京都について同様の手順により推定未婚率を計算すると、15歳以上人口における未婚率は男性が41.5%、女性が32.7%(不詳を除く按分前は33.3%、27.6%)、生涯未婚率は男性が30.6%、女性が22.4%(同24.0%、18.4%)に達することになる。

関連レポート

未婚化・晩婚化はどこまで進む?-国勢調査からみる未婚率の状況

授かり婚は増えている?減っている?-データで見える新婚家庭の子作り事情

自治体の婚活支援策は少子化対策の切り札になりえるか

(2017年12月4日「研究員の眼」より転載)
メール配信サービスはこちら
株式会社ニッセイ基礎研究所
生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー
井上 智紀

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワールドカップ決勝に乱入したプッシー・ライオットとは? 「黒幕」のインタビューから迫る

  • フランスが2度目のワールドカップ頂点 スーパーゴール連発でクロアチアに勝利

  • ビーチ・チェアと死んだウミガメ 覚えておきたい1枚の写真

  • ワールドカップ予想、AIとデータを超えた松木 クロアチア躍進を的中?

関連記事

  • ロン・ハワード監督、興行不調の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』をツイッターで自ら宣伝!

  • 東シナ海タンカー事故によるオイル漂着調査

  • ダニー・ボイル、ジェームズ・ボンド映画次回作を監督すると明かす

  • 電気自動車に自動充電するソーラーハイウェイ、中国でパネルの小片が盗まれた

  • 「雑誌に出ないとヤバい」と思っていたキャバ嬢社長が考える、SNSの戦略

  • バナナに牛乳をかける、リンゴをなめる動画は「わいせつ」。エジプトの女性歌手に実刑判決